得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

2/11 第8回はままつグローバルフェア@浜松市

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 在住外国人の支援活動を続けて35周年を迎える浜松国際交流協会(HICE)は、2月11日(日)に第8回はままつグローバルフェアを開催する。

 今年は35周年ということで、例年以上にさまざまなイベントが開催される。
 
 また、2月6日(火)~11日(日)には、写真・パネル展「日本⇔ブラジル 『移民』そして『デカセギ』の軌跡」も開催する。

第8回はままつグローバルフェア
日時 2018年2月11日(日)10:00~17:00
会場:クリエート浜松1階・2階・3階・5階
(静岡県浜松市中区早馬町2番地の1)
入場無料
主催  (公財)浜松国際交流協会、はままつ国際理解教育ネット、(独)国際協力機構中部国際センター(JICA中部)、(公財)浜松市文化振興財団

1)特別記念 サヘル・ローズさん特別記念講演
  *満員につき申込終了
 外国人として日本で生きるということ~多様性がもたらす豊かな社会へ~

2)フェアトレード・ワールドマーケット 世界の料理
 フェアトレードのマーケット、キッチンの出店。
 その他、世界各国の雑貨、スイーツ、料理など。

3)講演会「イスラム圏の女性は今!」
 講師:中山慶子(静岡県立大学名誉教授)
 参加費:500円
 申込:E-mail: sudou-wan@wan.or.jp

 その他、ムスリムの方たちによるインドネシアやバングラデシュなどの文化紹介コーナー。

4)国際理解教育ワークショップ・JICA民族衣装体験コーナー 
 ゲームやワークショップ、ものづくりを通して世界を体験できるコーナー

5)その他様々なコーナー
 ・留学生ワールド
 ・着付け、茶道、和菓子作り体験
 ・世界のダンス など

写真・パネル展「日本⇔ブラジル 『移民』そして『デカセギ』の軌跡」
日程 2月6日(火)~2月11日(日)10:00~19:00(最終日はグローバルフェア同時開催。17:00まで)
会場 クリエート浜松3階ギャラリー35  入場無料
内容
①パネル展「日本からブラジルへの移民の歴史」
  初のブラジル移民船「笠戸丸」の写真などを含むパネルで移民の歴史を振り返る(海外移住史料館提供)

②パネル展「マンガでわかる移民の話」 
  JICA日系社会ボランティアとしてブラジル・マナウスにて日本語教師として活躍した浜松市出身の鶴田俊美さん作による、マンガ・パネル31点で移民の歴史を分かりやすく紹介。

③写真展「デカセギ」 
1990年代のブラジルから日本への「デカセギ」者たちの日常生活、そこににじみ出る希望と孤独をモノクロの写真で表現。自身もデカセギ者のJunior Maeda氏による45点の写真展。

④現在の浜松市内で出会った外国人住民のスナップ写真を展示

 

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第18回「お金の不安」編その8「住宅ローンと生命保険の関係」

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 5歳から日本で生活している中学生の女の子を追い出そうとしている入菅。 母国に等しい日本から見捨てられる少女ー東京入管の冷血、法務省見解にも従わず(志葉玲) - Y!ニュース https://t.co/006QqHb8BE
    about 18時間 ago
  • 大地震が来ても、都市にいれば、なんとかなるって思ってませんか? 緊張感がないかも。都市防災を考える講座があります #防災食 #都市防災 #災害対策 #千葉商科大学 #丸の内 https://t.co/UKupol1gIz
    about 20時間 ago
  • ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」が開催されます。 1月31日  #SDGs #エンパブリック 2030年の社会を考えよう! https://t.co/qVLUwjOR7j
    about 2日 ago
  • 錦織さん勝ってよかったね。それにしても5時間とは(-_-;) テニスの試合は長すぎる~ いろんな用事を済ませて、ご飯食べて、お風呂に入って、まだやっていた(^^;  #錦織
    about 2日 ago
  • 認知症サポーターが活躍する“認知症カフェ”ついて学ぶ講座が、東京都調布市で開催されます。 #認知症カフェ #オレンジカフェ #認知症サポーター https://t.co/WtHYAOOUbr
    about 3日 ago