全国外大連合の学生が、平昌オリンピックにボランティアとして参加

 国内7つの外国語大学で構成される、全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)は、平昌2018冬季オリンピックへ大会ボランティアとして学生約100名を送り、大会運営を支援する。

 語学力や過去のボランティア参加実績など、各大学による独自の選考基準により選抜された学生らが、大会開催期間中の2月4日(日)~25(日)に韓国・カンヌン、ピョンチャン、ジョンソンの3会場に分かれてボランティア活動を行う。

 全国外大連合の国際的なスポーツイベントへの支援は、2017年1月に開催された札幌冬季アジア大会を含め、2回目となる。

2017年9月に開催された、平昌2018オリンピック事前研修会(会場:神田外語大学)の様子

 2017年9月には、平昌2018組織委員会が主催する平昌2018年冬季大会に向けたボランティア人材育成のための事前研修会が神田外語大学で行われ、全国外大連合の学生たちが参加。
 平昌2018組織委員会のボランティア担当者から業務内容や競技会場の様子などについて、レクチャーを受けた。
研修会の様子はこちらへ

 平昌2018冬季オリンピックのボランティアに参加予定の学生たちは、大会正式開催前の2月1日(木)から現地入り。
 2月2日(金)~3日(土)の2日間の日程で開催される外国からのボランティア団体に向けた研修を受講する。

 そこで、学生個人が大会ボランティアとして、どの様なボランティアを行うかなどの詳細が説明される予定だ。

 同研修は平昌2018組織委員会主催で、全て英語で行われる。研修を修了した学生たちは、翌日の2月4日(日)より各会場にてボランティア活動に参加する。

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 地域課題講座「地域の子どもたちに目を向けてみませんか」@横浜

  2. バリアフリーベビーカー

    「子育ち・子育てバリアフリー教室」@千葉県松戸市

  3. 子育てパパの井戸端カフェ「パパトーーク」@横浜市港北区

  4. 参加者募集:親子向け夏休み企画「みつばちの学校」@東京調布

  5. 大学と地域が連携して開催:子どもたちが社会の仕組みを学ぶイベント

  6. 参加者募集:セミナー「暮らしの中で木を使うことを学ぶ@大阪

  7. みつばちの学校&採蜜体験@東京調布

  8. 活動報告&フォト「藤娘祭」に出展!@静岡県藤枝市

  9. 復興の祈りがノートになった「こくばん七夕ノート」

PAGE TOP