得るカフェ ソーシャル情報メディア 地域活動・市民活動に関する情報 ★みんなの生活を豊かに!★

参加者募集:地域連携フォーラム、地域資源の活用事例報告など@千葉商科大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

千葉商科大学の地域連携推進センターは、2月24日(土)、「第8回 CUC地域連携フォーラム-どう活かす? 地域資源」を開催する。

 今回のフォーラムでは、さまざまな地域の資源や特性を発掘し、有機的に活用することで新たなビジネスやブランドを生み出したり、地域の再生や活性化に結びつけている活動事例と事例報告の特産品をご紹介する特設ブースを設置する。

また、同日午前には、大学の助成金制度を利用した市民等の研究発表が行われる。

第8回 CUC地域連携フォーラム
どう活かす? 地域資源
概 要
地域資源の活用事例報告
報告1 
「石川県能登地方における地域資源利用事例」商経学部  専任講師 大塚茂晃
報告2 
「房総ポークブランディングプロジェクト」政策情報学  部専任講師 吉羽一之
報告3 
「船を活用した行徳のまちづくり」  水運ネットウォーク 田中祥一
報告4 
「地域資源を活用した学び:地域を考え、地域に親しむ」  商経学部教授 関口雄祐

地域志向研究助成金<2017年度研究報告会>
研究テーマ・報告時間・報告者
「市川市内の介護老人保健施設及びリハビリテーション病院のソーシャルワーカーにおける地域の介護問題についての意識の研究」
  商経学部准教授 齋藤香里

「ソーシャルビジネスを志向した生活支援サービスの担い手育成に関する研究」
  人間社会学部専任講師 齊藤紀子

「増加する空き家の実態調査と地域街づくり連携に関する研究」
  央2株式会社専務取締役 高坂昇

「地域の多様な人材をコーディネートする能力を育てる教育メソッドの開発~松戸市・鎌ヶ谷市・市川市における地域トランスメディエイターの創出~」
  合同会社J-doc代表社員 影山貴大

「市川市じゅん菜池の自然環境改善と環境教育への取り組み」
  商経学部教授 杉田文

日時 2018年2月24日(土)  14:00~16:20
会場 千葉商科大学 本館7階大会議室
  (千葉県市川市国府台)
定員 150名
入場無料、事前申込制

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第20回お金の不安:社会環境の変化にそなえる

NEW自分の子はなぜかわいい?

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 受講生募集中:里山と暮らす応援講座~計画編、大阪、4月から 里山管理の技術、里山づくりなどを学ぶ、 #里山保全 #SDGs #環境保全 #NPO法人里山倶楽部 https://t.co/6sqTKsvvv5
    about 21時間 ago
  • ブログ 不登校がなくなる魔法の薬「おはなしワクチン」自分の子はなぜかわいい? 蓑田さんのブログを紹介しました。 自分の子をかわいいと思う気持ちが、負担になるときも・・・ https://t.co/JjCJfEr1VR… https://t.co/REpsLwcDnB
    about 2日 ago
  • 京都でゴミについて考えるイベントが開催される。京都では観光ゴミも大変なことに! 参加者募集中 3月30日 #ゴミ問題 #観光ゴミ #脱プラ https://t.co/hgxwNKKuvM
    about 2日 ago
  • 「生」と「性」を子どもたちに教える教育助産師グループOHANAを紹介しました。 子どもはどのように生まれるのか? しっかり伝えることは、大事だけど難しいですね。(^^; https://t.co/Xav6fXk3Se
    about 3日 ago
  • 参加者募集:ケーキ箱の中にオリジナルの部屋を作るワークショップ、東京稲城、親子参加、ひとり参加もできる。 ケーキ箱の中に、かわいいお部屋を作っちゃおう(^^)/ #インテリアデザイン  #春休み親子  #東京都稲城市… https://t.co/SvhJZGYIsK
    about 4日 ago