参加者募集:地域連携フォーラム、地域資源の活用事例報告など@千葉商科大学

千葉商科大学の地域連携推進センターは、2月24日(土)、「第8回 CUC地域連携フォーラム-どう活かす? 地域資源」を開催する。

 今回のフォーラムでは、さまざまな地域の資源や特性を発掘し、有機的に活用することで新たなビジネスやブランドを生み出したり、地域の再生や活性化に結びつけている活動事例と事例報告の特産品をご紹介する特設ブースを設置する。

また、同日午前には、大学の助成金制度を利用した市民等の研究発表が行われる。

第8回 CUC地域連携フォーラム
どう活かす? 地域資源
概 要
地域資源の活用事例報告
報告1 
「石川県能登地方における地域資源利用事例」商経学部  専任講師 大塚茂晃
報告2 
「房総ポークブランディングプロジェクト」政策情報学  部専任講師 吉羽一之
報告3 
「船を活用した行徳のまちづくり」  水運ネットウォーク 田中祥一
報告4 
「地域資源を活用した学び:地域を考え、地域に親しむ」  商経学部教授 関口雄祐

地域志向研究助成金<2017年度研究報告会>
研究テーマ・報告時間・報告者
「市川市内の介護老人保健施設及びリハビリテーション病院のソーシャルワーカーにおける地域の介護問題についての意識の研究」
  商経学部准教授 齋藤香里

「ソーシャルビジネスを志向した生活支援サービスの担い手育成に関する研究」
  人間社会学部専任講師 齊藤紀子

「増加する空き家の実態調査と地域街づくり連携に関する研究」
  央2株式会社専務取締役 高坂昇

「地域の多様な人材をコーディネートする能力を育てる教育メソッドの開発~松戸市・鎌ヶ谷市・市川市における地域トランスメディエイターの創出~」
  合同会社J-doc代表社員 影山貴大

「市川市じゅん菜池の自然環境改善と環境教育への取り組み」
  商経学部教授 杉田文

日時 2018年2月24日(土)  14:00~16:20
会場 千葉商科大学 本館7階大会議室
  (千葉県市川市国府台)
定員 150名
入場無料、事前申込制

詳細はこちらへ

関連記事

  1. ボランティア

    法政大学の学生が東京メトロ飯田橋でボランティア

  2. シンポジウム「復興の先を見据えた地域づくり」@宮城県仙台

  3. 参加者募集:全国まちづくり若者サミット2020~まちをデザインする~@東京・日本青年館

  4. 動物と共生するまちづくりを目指すNPO(セラピードッグ、災害時の同行避難など)@京都

  5. 参加者募集:シンポジウム「まちづくりとNPO」@東京新宿

  6. 書籍紹介:生涯学習eプラットフォーム 私の出番づくり・持続可能な地域づくりの新しいかたち

  7. まち歩きイベント「ブラニイガタ」@新潟

  8. 「地域共創シンポジウム~大学とまちづくり・ものづくり2017」@芝浦工業大学

  9. 運営委員養成講座「みんなの力で講座をデザインしよう!@横浜市青葉区

PAGE TOP