学生と丹沢にある集落との交流の記録展「あざおねって何」@神奈川県相模原市

 麻布大学いのちの博物館(神奈川県相模原市)は、企画展第6弾「あざおねって何?」を開催する。

 同企画展は、相模原市緑区青根の自然や歴史・文化と、青根をフィールドとして活動する生命・環境科学部の村山史世先生をリーダーとする「あざおね社中」の活動を紹介する。

 青根での活動を通して、あざおね社中は環境省のモニタリングサイト1000里地調査の調査サイトのひとつとして生物多様性の調査を行い、2016年には国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の連携事業にも認定された。

 今回の企画展では青根の生物多様性のみならず、それを形づくってきた青根の林業や炭焼き、養蚕や織物など昔からの生業や生活の諸道具を通して紹介する。

麻布大学 いのちの博物館企画展示~あざおねって何?~
開催日時 2018年2月13日(火)~4月28日(土) 10:00~16:00
(入館:15:30まで)
 ※日曜日(3月25日は開館)、月曜日(4月2日は開館)と3月21日(水:祝日)は休館日
見学自由

会場  麻布大学 いのちの博物館
 (神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71)
(JR横浜線「矢部駅 徒歩5分)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 岐阜聖徳学園大学が地元自治会と防災訓練を実施

  2. 参加者募集:シンポ「新しい時代におけるコミュニティのSDGs」シニア社会学会

  3. 参加者募集:北海道の生物多様性を守る、新しい力 ~きたネットフォーラム2017

  4. 参加者募集:NPO/NGOにとってのSDGsを考えるフォーラム@東京

  5. 参加者募集:“甘い”果実の苦い真実~フィリピンからの訴え@東京&京都

  6. 参加者募集:スモールスタートで始める、企業活動に役立つSDGs@千葉商科大学

  7. 平和のための開発教育セミナーby京都YMCA

  8. 映画『1日1ドルで生活』を割引価格で上映できるキャンペーン

  9. 持続可能未来都市

    持続可能な都市を目指して「未来都市研究機構キックオフシンポジウム」@東京

PAGE TOP