学生と丹沢にある集落との交流の記録展「あざおねって何」@神奈川県相模原市

 麻布大学いのちの博物館(神奈川県相模原市)は、企画展第6弾「あざおねって何?」を開催する。

 同企画展は、相模原市緑区青根の自然や歴史・文化と、青根をフィールドとして活動する生命・環境科学部の村山史世先生をリーダーとする「あざおね社中」の活動を紹介する。

 青根での活動を通して、あざおね社中は環境省のモニタリングサイト1000里地調査の調査サイトのひとつとして生物多様性の調査を行い、2016年には国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の連携事業にも認定された。

 今回の企画展では青根の生物多様性のみならず、それを形づくってきた青根の林業や炭焼き、養蚕や織物など昔からの生業や生活の諸道具を通して紹介する。

麻布大学 いのちの博物館企画展示~あざおねって何?~
開催日時 2018年2月13日(火)~4月28日(土) 10:00~16:00
(入館:15:30まで)
 ※日曜日(3月25日は開館)、月曜日(4月2日は開館)と3月21日(水:祝日)は休館日
見学自由

会場  麻布大学 いのちの博物館
 (神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71)
(JR横浜線「矢部駅 徒歩5分)

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 「大阪自然史フェスティバル2017」@大阪市立自然史博物館

  2. 動画公開:移動式えねこやが多摩市の小学校2校を訪問。授業を行う

  3. 開催報告:円卓会議「支援者が学ぶヤングケアラーの現実」@東京足立

  4. 大学生ボランティア活動展&イベント2017 @東京多摩

  5. 参加者募集:ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」

  6. 受講者募集:「SDGsの推進と大学の役割」@千葉商科大

  7. イベント情報:「公害地域再生のための活動を学ぶ」公害資料館連携フォーラムin倉敷

  8. 支援者募集:エコなトレーラーハウスをみんなで作る

  9. コミュニティ・ビジネスセミナー「里山を整備しながら若者を育成」byトチギ環境未来基地

PAGE TOP