<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

高校生が車いすでバリアフリーマップを作る「ブレーメンの調査隊」@東京都世田谷

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

玉川聖学院(東京都世田谷区)は3月7日(水)、(株)ミライロの「ブレーメンの調査隊」との共同企画として、実際に車いすを利用して街のバリアフリー情報をリサーチする。

 当日は同校の生徒約50人が自由が丘の街を車いすで移動しながら、高低差やスロープ、店舗の設備などの情報を収集する。

 2017年に、玉川聖学院の車いすを利用している高校2年生2人が「自由が丘の車いす利用者マップ」を作成した。このマップには「自由が丘の街が車いす利用者にとって、もっと優しい街になってほしい」という思いが込められていた。

 夏休みを利用して、自由が丘広小路商店街の店舗の入り口の段差などを調べる活動を自主的に行い、紙ベースで地図を作成した。
 このマップがきっかけとなり、株式会社ミライロ「ブレーメンの調査隊」との共同企画が誕生した。

 ミライロは、高齢者、障害者などの多様な人々を対象としたユニバーサルデザインに取り組んでいる企業。「意識」「環境」「情報」の3つを軸として、企業、自治体、教育機関におけるさまざまな課題解決や、企業価値の向上に繋がる活動を行っている。

 「ブレーメンの調査隊」は、その一環として全国各地で同社が実施している調査イベント。情報のバリアフリーを学ぶ講義やグループワークの後で、実際に車いすに乗って移動しながら、同社のバリアフリー情報共有アプリ「Bmaps(ビーマップ)」を利用して街の情報を集めていく。車いすユーザーの視点を体験することが、バリアフリーの意識を高める結果へと繋がっている。

ブレーメンの調査隊についてはこちらへ

Similar Posts:

6月5日UP:第13回「お金の不安」編 その3「せつやく」

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の投稿

Twitter

  • RT @hasshutwitt: 移民政策の矛盾だらけ、または認識の程度。ここでしっかりと読んでいきたいな。 シェアのリンク、みんなのためにお金払っといたよー https://t.co/jIakyQ9UbP
    about 2時間 ago
  • 空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実 後悔なく猫を飼うにはどうすればいいか? | ペット - 東洋経済オンライン https://t.co/dk0VwlgQTn @Toyokeizaiさんから
    about 1日 ago
  • 公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)、7月8日、荒瀬克己(大谷大学教授)、木越 康(大谷大学長) #大谷大学  https://t.co/cDLowMi5hB
    about 2日 ago
  • 参加者募集「21世紀の生涯学習~『人生100年時代』の新たな学びのかたち」、7月16日、敬愛大学、#学び直し 、社会人の #リカレント教育 #アクティブシニア   https://t.co/wyFWaVJouP
    about 3日 ago
  • RT @pdatwpw: 【ご報告】RPGエンターテインメントに所属した事が2件の記事に取り上げられました。人生初のニュースが悪いことじゃなくて良かった…笑 みんなの太陽になれるように頑張るので応援宜しくお願い致します。https://t.co/WFsVaicE7O http…
    about 3日 ago