参加者募集:公開講座「障がいと笑い」コント集団「エムズトリック」も登場

 追手門学院大学(大阪府茨木市)は、3月12日(月)、茨木市と共催で笑学研究所公開講座「障がいと笑い」を開催する。

 これは、タブー視されることもある発達障害と笑いの関係性を考え、「障がい」に対する理解を深めることを狙いとしている。

 発達障害に関する講演のほか、自らの障がいをテーマにしている「エムズトリック」によるコント、パネルディスカッションを実施する。

【ポイント】
○笑学研究所のある追手門学院大学が「発達障害と笑い」を考える
○「障がい」をテーマとするコント集団「エムズトリック」によるコントの披露
○追手門学院大学と茨木市との連携講座の一環として開催

コント集団「エムズトリック」
 笑いながら障害のことを分かってもらおうと、2016年4月結成。初出場した障害者のためのバラエティー番組 NHK「バリバラ」の第6回SHOW-1グランプリでは9組中7位の成績を収める。
 2016年11月に行われた大型人権啓発イベント「ヒューマンライツフェスタ東京2016」にも出演。
 発達障害の元村と岡本、双極性障害の森村と、3人とも体調に波があるため、無理のないペースで活動している。

第3回笑学研究所公開講座「障がいと笑い―笑って、知って、理解して―」
日時 2018年3月12日(月)17:30~19:30
会場 茨木市立男女共生センター ローズWAM
   (大阪府茨木市元町4-7)

概 要
講演『ご存知ですか?“発達凸凹”』
 大谷邦郎(NPO法人発達障害を持つ大人の会監事、追手門学院大学笑学研究所客員研究員)

コント『レストラン~発達障害にまつわるエトセトラ~』
 コント集団「エムズトリック」

パネルディスカッション
 パネリスト:エムズトリック、大谷邦郎
 コーディネーター:笑学研究所所員

参加費無料、事前申込制

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. カンボジアから来た元難民女性の講演@東京外国語大学

  2. イベント情報:多文化社会におけるアートのチカラ@東京藝術大学

  3. 日本語ボランティア研修 ~開かれた地域社会を目指して~@愛知県名古屋市

  4. 音楽・映像・語りで伝える「地球のステージ」パラグアイ特別編@JICA横浜

  5. 「体験型難民ワークショップ」@青山学院大学(東京)

  6. 学生プロジェクトが行政サービスの英語版パンフレット作成 by 金沢工業大学

  7. 開催報告:Soカフェ-高齢者で外出しにくい方の楽しい旅行を作りたい@東京稲城

  8. 作品公募:日本に暮らす海外ルーツの人の作品を募集中@東京足立

  9. 「インターカルチュラル・シティと多様性を生かしたまちづくり2017浜松」参加者募集中

PAGE TOP