参加者募集:米国の水爆実験、ハンセン病元患者に関する映画上映イベント@白百合女子大学

 白百合女子大学(東京都調布市)は3月17日(土)に、公開講座プレイベント「忘れられた人々」を開催する。

 当日は、米国の水爆実験の実態に迫るドキュメンタリー作品『汚名』、ハンセン病元患者と周囲の人々との交流を描いた映画『あん』を上映。

 また、『あん』の主演で『汚名』ではナレーターを務めている樹木希林さんや、『あん』の原作者であるドリアン助川さんらが登壇し、パネルディスカッションを行う。

白百合女子大学公開講座プレイベント
「忘れられた人々」
日時 3月17日 (土) 13:00~17:30
会場 白百合女子大学講堂 
  (東京都調布市緑ヶ丘1-25、京王線仙川駅徒歩10分)

プログラム
○『汚名』上映 13:00~
 第五福竜丸以外にも九百艘を越える漁船が被爆していた。若くして亡くなった父親の本当の死因を探ろうとする娘の執念を描く。南海放送製作。日テレNNNドキュメン卜。

○ パネルディスカッション 14:00~

○『あん』上映 15:00~17:30終了予定
 どら焼き屋の店長とハンセン病快復者の交流を通して、生きることの意味を問いかける作品。
 2013年に出版された原作が徐々に話題を呼んでロングセラーとなり、2015年に河瀬直美監督によって映画化された。カンヌ映画祭オープニング上映選出。

登壇者
樹木希林 (『あん』主演、『汚名』語り、女優)
ドリアン助川 (司会:『あん』原作者、作家、詩人)
伊東英朗 (放送ディレクター、『汚名』制作)
川口美砂 (『汚名』出演者)
岩政伸治 (モデレータ、白百合女子大学)

参加費無料、申込制

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  2. 第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

  3. 映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

  4. 映画「父の結婚」「グッバイ・マーザー」上映会&公開講座@日本映画大学

  5. 創価大学「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として映画「シリアに生まれて」を上映

  6. 9~10月、東京、札幌、名古屋で「難民映画祭2018」by UNHCR

  7. 書籍紹介:大学とまちづくり・ものづくり-産学官民連携による地域共創-」芝浦工業大

  8. 書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

  9. 耳の聞こえない聾者(ろう者)が音楽を奏でる アート・ドキュメンタリー映画『LISTEN リッスン』

PAGE TOP