高知のIssueを都会に届ける研究所 キックオフミーティング@東京

 高知は、全国に15年先駆けて人口減少が始まった。さらに、人口減少だけではなく、そこに起因する、コミュニティーの消滅、獣害、耕作放棄地問題、竹林拡大問題など、さまざまな地域課題がある。

 高知で起こることは、これから日本中で起きることであり、高知での問題解決は全国のよいロールモデルになりえる。
 また、高知の人は「土佐っ子」と呼ばれ、人懐っこく、懐が深く、飲んだら即友達になるという気質で知られる。様々なことをチャレンジしやすい場所でもある。

 高知で話をしているだけではなく、地域と都会をつないで話を聞こうというのが、都会に届けるための研究所「Issue Design Lab」だ。

主催は高知県、企画・運営はNPO法人土佐山アカデミー
 
 Issue Design Lab キックオフミーティングが、3月25日(日)に東京渋谷で開催される。
 当日は、下記のようなさまざまな人が登壇し、ディスカッションを行う。

Issue Design Lab キックオフミーティング
壇者
・一般社団法人LivingAnywhere 山寺純 氏 (起業家)
・レオス・キャピタルワークス株式会社 栗岡大介 氏 (投資家)
・LLPナリワイ 伊藤洋志 氏 (今回の事業の軸となった「ナリワイ」提唱者)
・株式会社CAMPFIRE 菅本香菜 氏 (クラウドファンディング プロデューサー)
・株式会社デンソー 羽田成宏 氏 (ソーシャルデザイン・イノベーション)
・一般社団法人Next Commons Lab 林篤志 氏 (ファウンダー/プロデューサー)
・高知県庁 尾崎康隆 氏 (高知県 産学官民連携・起業推進課)
・黒潮町地域おこし協力隊 東尾直輝 氏 (ツノブローカー)
・NPO法人土佐山アカデミー 吉冨慎作 (土佐山アカデミー事務局長/内閣府地域活性化伝道師)

ファシリテーター
・上井 雄太 氏 (株式会社フューチャーセッションズ)
・松井 大 氏 (グラフィックレコーダー)

日時 2018年3月25日(日)
 第1部 13:00~18:00 
 第2部 18:30~懇親会
会場 渋谷 if space(フューチャーセッションス゛本社内)
 (東京都渋谷区渋谷3-10-5 TOHTAMビル4F)
参加費無料、申込制

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 「むらメディア修練場 地域メディアを考える3回講座」@奈良県川上村

  2. 埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

  3. 大学生が地域活性化のプランを考える@福井県鯖江市

  4. 地方を目指す若者に、島根県の人気が急上昇

  5. セミナー「地元のおばあさんの味の農家レストランで元気な過疎地に」by 都市農山漁村交流活性化機構

  6. ネオ県人会のイベント「出身地Day2017」@東京

  7. 農山漁村の魅力を伝える総合情報サイト「里の物語」オンラインショップも開始

  8. 参加者募集:セミナー「サテライトオフィスは、農山漁村に人と仕事と活気を呼ぶ」@東京

  9. あきた森の宅配便

    農山漁村コミュニティビジネスセミナー「山の名人」大活躍のサービス

PAGE TOP