<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

学生プロジェクトが行政サービスの英語版パンフレット作成 by 金沢工業大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 金沢工業大学では、「イングリッシュセミナー」の授業の一環として、学生が取り組んだ英語版パンフレットの寄贈式を3月19日(月)に野々市市役所で行う。

 金沢工業大学英語教育課程では、英語を使って地域社会の問題発見、解決に取り組む地域貢献型プロジェクトを正課(授業)に採り入れている。

 今回、野々市市に寄贈する英語版パンフレットは、学生が「デザイン思考」を用いて野々市市の外国人住民へ英語でインタビューを行い、外国人住民が行政サービスを受けやすくするためのニーズを発見し、アイデアを創出してプロトタイプの制作を行った。

今回寄贈するパンフレットを制作した学生
■『ののいちいきいき健康診査』
宮崎 紗弥香さん(航空システム工学科2年) *「崎」は「立つ崎」
佐藤 将さん(機械工学科2年)
堀井 一志さん(機械工学科2年)

■『図書館利用案内』
赤林 直紀さん(機械工学科1年)
宇波 拓海さん(機械工学科1年)
花房 誠一郎さん(電気電子工学科3年)

■「家庭ごみ収集日と分け方(改定版)」「のっティバス時刻表(改定版)」
豊川 ヘンリー善崇さん(情報工学科3年)
能美 龍星さん(経営情報学科4年)

 金沢工業大学では、国連全加盟国が合意した「誰一人取り残さない」を理念とするSDGs(持続可能な開発目標)に大学をあげて取り組んでいる。

 学生たちが野々市市在住外国人に英語でインタビューを行い、把握されたニーズをもとにパンフレットの英語化を進める当活動もSDGs関連プロジェクトのひとつ。
 こうした取り組みが評価され、昨年12月には安倍総理大臣を本部長とするSDGs推進本部から第1回「ジャパンSDGsアワード」を授与されている。

金沢工業大学のHP

Similar Posts:

4月4日UP:第11回お金の不安編 :
その1 暮らし方/働き方の
独自のライフデザイン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の投稿

Twitter

  • 「おもてなし」の国といいながら、実は、戦地などから命がけで逃げてきた難民に冷たい日本。リディラバジャーナルは、このような現状を書いている。  https://t.co/4WT2g7jaq7
    about 12時間 ago
  • ゴールデンウィーク企画「昭和レトロな博物館」@浜松市博物館、ケン玉、お手玉など、昭和のなつかしいおもちゃで遊ぶ、昭和のニュースを写真と白黒映像を見る。 https://t.co/wM8Aa1AgRw  #ゴールデンウィーク #浜松市
    about 13時間 ago
  • トルコ男性を1カ月受診させず 東京入管、虚偽記載か 事実関係の確認避ける:どうしん電子版(北海道新聞) https://t.co/SotygsB5GW
    about 1日 ago
  • 公開講座「人生100年時代における口腔の健康の価値とは?」@関西大学 、予防歯科医療の先駆者・熊谷崇医師が講演、口腔の健康を考える。 #予防歯科医療  https://t.co/388vdHaSQn
    about 1日 ago
  • 公開シンポ:私たちは、100年後の地球に何ができるか @東京大学、 One Earth Guardians育成プログラム キックオフ公開シンポジウム #SDGs #ESD https://t.co/TKxYCwVzAm
    about 3日 ago