学生プロジェクトが行政サービスの英語版パンフレット作成 by 金沢工業大学

 金沢工業大学では、「イングリッシュセミナー」の授業の一環として、学生が取り組んだ英語版パンフレットの寄贈式を3月19日(月)に野々市市役所で行う。

 金沢工業大学英語教育課程では、英語を使って地域社会の問題発見、解決に取り組む地域貢献型プロジェクトを正課(授業)に採り入れている。

 今回、野々市市に寄贈する英語版パンフレットは、学生が「デザイン思考」を用いて野々市市の外国人住民へ英語でインタビューを行い、外国人住民が行政サービスを受けやすくするためのニーズを発見し、アイデアを創出してプロトタイプの制作を行った。

今回寄贈するパンフレットを制作した学生
■『ののいちいきいき健康診査』
宮崎 紗弥香さん(航空システム工学科2年) *「崎」は「立つ崎」
佐藤 将さん(機械工学科2年)
堀井 一志さん(機械工学科2年)

■『図書館利用案内』
赤林 直紀さん(機械工学科1年)
宇波 拓海さん(機械工学科1年)
花房 誠一郎さん(電気電子工学科3年)

■「家庭ごみ収集日と分け方(改定版)」「のっティバス時刻表(改定版)」
豊川 ヘンリー善崇さん(情報工学科3年)
能美 龍星さん(経営情報学科4年)

 金沢工業大学では、国連全加盟国が合意した「誰一人取り残さない」を理念とするSDGs(持続可能な開発目標)に大学をあげて取り組んでいる。

 学生たちが野々市市在住外国人に英語でインタビューを行い、把握されたニーズをもとにパンフレットの英語化を進める当活動もSDGs関連プロジェクトのひとつ。
 こうした取り組みが評価され、昨年12月には安倍総理大臣を本部長とするSDGs推進本部から第1回「ジャパンSDGsアワード」を授与されている。

金沢工業大学のHP

関連記事

  1. 参加者募集:オンライン講座「多文化社会へのまなざし」

  2. 小学生異文化交流プロジェクトby明海大学

  3. オンラインセミナー:コロナ禍における外国人支援と情報提供

  4. 書籍紹介:知的障害者の家族のための 成年後見制度Q&A

  5. “思い込み”から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える@東京

  6. 参加者募集:オンライン・トーク「これからの東アジアの平和と市民交流のあり方~沖縄、福島、東アジアから…

  7. 上映会:女性監督ドキュメンタリー・アニメーション+「Birth-めぐるいのち」@名古屋

  8. 参加者募集:講座「外国につながりを持つ子どもの居場所づくりと教育を共に考える」@横浜

  9. 多様な文化を持つ人が交流するマルチカルチュラル・ミュージアム@東京都美術館

PAGE TOP