医療廃棄物をリサイクル製品に by関東学院大学

 関東学院大学(横浜市金沢区)は、国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)、ユニオン産業(川崎市中原区)と共同して、病院の医療廃材をリサイクルした食器類を開発し、3月20日(火)から販売を開始した。

医療廃材のリサイクルでできた製品

 日本の病院から排出される医療廃材はほとんどリサイクルされていないことが、指摘されている。

 医療廃材のリサイクル利用の可能性を広げるため、関東学院大学からは人間共生学部の佐野慶一郎教授(リサイクル工学、環境政策論)と理工学部の香西博明教授(高分子化学、ゴム材料科学)、武田克彦准教授(内燃機関、代替燃料)の研究室が製品開発に参加した。

 この製品には、国際医療研究センター病院で回収された「医療器具の梱包ポリ袋」(非感染性)と、関東学院大学で回収されたペットボトルのキャップ、国内で伐採された廃竹材が粉砕混合されている。製品のおよそ40%に、リサイクル原料が利用されている。

 今回販売を開始する製品は、エコカップとエコ箸(写真)で、関東学院大学の購買部で販売している。

エコカップ 500円(税込み)
エコ箸   500円(税込み)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催報告:みたかエコマルシェに出展!@東京都三鷹

  2. 2019年アクセス数1位!映画「シード~生命の糧~」種子の支配による環境破壊を考える

  3. 木育サミットin江東区(東京都)

  4. 大学生ボランティア活動展&イベント2017 @東京多摩

  5. 防災について体験学習できる「池袋防災館」@東京都

  6. 岐阜聖徳学園大学が地元自治会と防災訓練を実施

  7. イベント情報:+未来フェスタ-プラスチックと私たちの暮らし@京都

  8. 参加者募集:究極の森あそびシリーズ:世界最速?!鏡川源流そうめん流しチャレンジ@高知

  9. 博物館展示:家畜の飼育のあり方“アニマルウェルフェア”を考える@麻布大学

PAGE TOP