特別公開講座「横浜学」防災を考える@関東学院大学

関東学院大学(横浜市金沢区)と(株)KADOKAWA(東京都千代田区)が発行する雑誌「横浜ウォーカー」が共同で開催する市民向けの特別公開講座「横浜学」は、2013年の初開催以来30回目を迎える。

 30回目を記念する講座「横浜と防災」が、4月15日(日)に横浜市中区の関東学院大学関内メディアセンターで開催される。

 「横浜学」は、地元に根付いた大学と雑誌が「横浜再発見」をコンセプトに展開する一般向けの講座。

 横浜の街をさまざまな角度から掘り下げ、あらためて“ハマの魅力”をアピールするために、2013年5月にスタート。以来、隔月で講座を開催。

 2014年からは横浜市の協力も得て、産・官・学が連携する講座として開催されている。

 30回目を迎える今回のテーマは「横浜と防災」。
 1923年の関東大震災では、横浜は一瞬にして瓦礫の山と化した。約27,000人が亡くなり、約16,000戸の住宅が全壊。間もなく100年が経つが、首都直下や南海トラフでの地震が発生する可能性は高まっていると言われている。

 東日本大震災から7年を経て、少しずつ震災の記憶が薄くなってきた今、防災意識を高めるために、開講される。

●講 師
神奈川新聞 報道部記者
 渡辺渉(わたなべ・わたる)
 1974年横浜市生まれ。東日本大震災直後より、週1回の防災のページ「減災新聞」担当。新潟県中越地震も取材。

関東学院大学学長、理工学部教授
 規矩大義(きく・ひろよし)
 1963年兵庫県生まれ。地震発生時の液状化現象とその対策を研究。17年12月に「防災・減災・復興学研究所」を発足。

元新潟県小千谷市職員、防災士
 吉原昌隆(よしはら・まさたか)
 1956年新潟県生まれ。新潟県中越地震で道路が寸断される中、住民同士の協力の中で避難生活を送った経験者。

第30回横浜学「横浜と防災」
日時 4月15日(日)13:00~15:00
会場 関東学院大学関内メディアセンター
 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンタービル8階)
 みなとみらい線 馬車道駅5番出口より徒歩3分、またはJR・市営地下鉄関内駅より徒歩5分
参加費無料、申込制

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:フィリピンで自然とコミュニティを守るワークキャンプbyトチギ環境未来基地

  2. 竹でテント作り&焚火や星を楽しむ「THEバンブーキャンプ」@大阪

  3. 参加者募集:フォーラム・森とまちをつなぐ活動を考える@大阪

  4. 活動紹介:ゴミ拾いはスポーツだ「スポGOMI大会」

  5. 参加者募集:スモールスタートで始める、企業活動に役立つSDGs@千葉商科大学

  6. 大学が近隣住民と災害避難訓練「防災フェスタ2017」@大阪

  7. シンポジウム「首都直下地震・南海トラフ巨大地震へ備えよ!‐熊本地震から得た教訓‐」

  8. スマホで撮って遊ぶランニングイベント「フォトロゲinいちかわ」@千葉県

  9. 医療廃棄物をリサイクル製品に by関東学院大学

PAGE TOP