都市と農山漁村の共生・対流事業 オーライ!ニッポン大賞 受賞者紹介

 オーライ!ニッポン大賞は、都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着化を図るため、日本各地で都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる団体、個人を表彰する賞。

 今年で15回目を迎え、3月末に受賞者が発表された。そして、3月26日(月)、表彰式がイイノホールカンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催された。 
 当日は、オーライ!ニッポン会議の養老孟司代表、農林水産省農村振興局農村政策部長の太田豊彦氏があいさつ。オーライ!ニッポン会議副代表で語り部、かたりすとの平野啓子さんの詩の朗読も行われた。

 今年は、全国からオーライ!ニッポン大賞へ92件、ライフスタイル賞へ17件の応募があり、その中から下記の受賞者が選ばれた。受賞者にそれぞれ賞状が授与された。

(名称から、それぞれのHPやfacebookにリンクしています)

オーライ!ニッポン大賞の公式サイト

3月26日に表彰式が行われた。

オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)
株式会社 信州せいしゅん村 

農村活性化のため、観光農業、滞在型農業、農林業体験、農山村体験、農村都市交流、清旬品の販売など。さまざまな活動を実施。
20年間活動を続け、6千人近くの人が参加している。(長野県上田市)

オーライ!ニッポン大賞
特定非営利活動法人棚田ネットワーク

棚田保全活動。全国の棚田関係者と連携し、企業CSR活動も促進。(東京都新宿区)

オーライ!ニッポン大賞
南砺市商工会利賀村支部&慶應義塾大学牛島ゼミ利賀プロジェクト

大学と商工会議所による地域活性化の活動。クラウドファンディング、SNSなどを活用。(富山県南砺市)

オーライ!ニッポン大賞
小浜市阿納体験民宿組合

漁村集落が漁業、トラフグ養殖・民泊・観光体験漁業を推進。後継者も育てている。(福井県小浜市)

審査委員会長賞
WWOOFジャパン事務局

金銭でなく「労働力」と「食事とベッド」を交換する仕組み。外国人と農家をつないでいる。(北海道札幌市)

 

審査委員会長賞
古屋でがんばろう会

住民4人の限界集落の応援団。地元の栃の実を使ったお菓子を作るなどの活動をしている。(京都府綾部市)

ライフスタイル賞
吉田光春

定年前から準備を進めて、退職後にブルーベリー農園とカフェを経営。(栃木県鹿沼市)

ライフスタイル賞
稲垣信志

集落を守るため、イベントや農村観光を仕掛ける。(富山県氷見市)

ライフスタイル賞
金城 愛

地域おこし協力隊卒業生が古民家を体験型ゲストハウスに。(愛知県東栄町)

ライフスタイル賞
辻本京子

50歳を前に転職を決意。移住して、トマト栽培を始めて地域貢献。(愛媛県西予市)

 

ライフスタイル賞
中川 孝

定年後に移住しオリーブ畑をつくりレストランを開業。(熊本県荒尾市)

関連記事

  1. 古民家を利用して登録制の村民を募集する「シェアビレッジ」

  2. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

  3. ネオ県人会のイベント「出身地Day2017」@東京

  4. 参加者募集:講演「村は無くなっても、村はある!小さな村のあば村宣言」岡山県津山市

  5. 地方創生

    移住・田舎暮らし情報のwebマガジン

  6. 地域おこし強力隊”大”報告会@鹿児島県長島町

  7. 夢の音村「森の公民館」

    ビジネスセミナー「音楽を通じて地域を活性化」@島根県浜田市

  8. 参加者募集:セミナー 農業で食えなかった村が生き残るために行った事業とは@東京

  9. 全国過疎問題シンポジウム2017inさが

PAGE TOP