米作りを楽しむ「源流米パラダイス」@大阪府南河内

 放棄田畑の「再生」「維持・管理」を行ってるNPO法人里山倶楽部は、今年で8年目となる「源流米パラダイス2018」を開催する。

 同イベントは、田植え・田草取り・稲刈り・収穫などを楽しみながら、農業、食育、自然を体験。いろんな人と交流しながら、棚田の維持管理に新たな役割を見出していく。

源流米パラダイス2018
~田んぼに水が引かれたら、いよいよ田植えの季節です~

日 程 
第1回 5月12日(土) 「田植え」(雨天決行)昔ながらの手植え。
第2回 6月9日(土)  「田草取りと田んぼの周りのお手入れ」 (雨天決行) 田んぼの中の雑草抜き
第3回 7月14日(土) 「田草取りと、源流米の森の整備」 (雨天決行)
第4回 9月29日(土) 「稲刈り」体験 (雨天順延)
第5回 10月13日(土) 「脱穀」 (雨天順延)
第6回 11月10日(土) 「The お餅つき!!」 (雨天決行) お餅をついて食べる。もち米の稲わらで、しめ縄づくりをして締めくくり。

時間 10:00~15:00
場 所 大阪府南河内郡河南町持尾の棚田
内容 もち米作り
参加費 大人も子供も一律1000円 昼食付

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. トークセッション「地球温暖化、そしてエネルギー革命」@東京調布

  2. 参加者募集:「災害危機管理講座」@千葉商科大学

  3. 【英会話連続講座】英語で学ぼう!SDGs×人権@東京

  4. シンポジウム:“マイノリティの子ども”について考える@文京学院大学

  5. 学生と丹沢にある集落との交流の記録展「あざおねって何」@神奈川県相模原市

  6. SDGs(持続可能な開発目標)をカードゲームで体感しよう!@大阪

  7. 日中環境問題サロン2016@大阪市

  8. 岐阜聖徳学園大学が地元自治会と防災訓練を実施

  9. 参加者募集:講座「自然エネルギー100%大学の取組み」@千葉商科大学

PAGE TOP