得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

企業を取り巻く人権などの社会課題を考えるセミナー

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 最近、過酷な労働、セクシュアルハラスメントの甘さ等、企業を取り巻く人権などの社会課題が問題になっている。
 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、企業を取り巻く問題を考えるセミナーを開催する。

 最近、注目されているのはESGという考え方だ。ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字を取った言葉だ。

 近年日本でも、投資家がESG課題を意識した投資を行い、適切な開示を求める機運が高まってきている。しかしまだ、進んでいないのが現状だ。

 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、ESGの専門家を招へいし、日本におけるESG開示と投資の現状及び課題について議論するセミナーを開催する。
 同セミナーは、ヒューマンライツ・ナウがESG開示に関する提言意見書を公表するのに合わせて行われる。

 同セミナーでは、投資家の立場から見たESG開示の現状と課題、国内外の企業の非財務情報開示に関する先進事例を紹介し、今後日本のESG開示・投資がどうあるべきかを議論していく。

*非財務情報:財務以外の情報。環境・社会問題への影響や貢献、さらにはガバナンスに関する情報など。

ビジネスと人権セミナー
ESG開示・ESG投資をめぐる国際的動向と日本の課題
日時 2018年5月22日(火) 18時~21時 
会場 都内 (会場は都心部。予約すると場所案内がメールで届く)
参加費 一般 2,000円、企業関係者 2,500円

概要
<報告者>
1、ヒューマンライツ・ナウESG開示に関する提言報告
 斉藤 誠(弁護士、HRN会員、日弁連企業の社会的責任(CSR)と内部統制に関するプロジェクトチーム座長)
 伊藤和子(弁護士、HRN事務局長)

2、投資家から見たESG開示とESG投資の現状と課題
  松原 稔((株)りそな銀行)

3、国内外のESG開示の先進事例から学ぶもの
  冨田秀実(ロイドレジスター・ジャパン(株))

4、コメント
  國廣 正(弁護士、HRN運営顧問)

5、ディスカッション

申込&詳細はこちらへ

Similar Posts:

第18回「お金の不安」編その8「住宅ローンと生命保険の関係」

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 5歳から日本で生活している中学生の女の子を追い出そうとしている入菅。 母国に等しい日本から見捨てられる少女ー東京入管の冷血、法務省見解にも従わず(志葉玲) - Y!ニュース https://t.co/006QqHb8BE
    about 18時間 ago
  • 大地震が来ても、都市にいれば、なんとかなるって思ってませんか? 緊張感がないかも。都市防災を考える講座があります #防災食 #都市防災 #災害対策 #千葉商科大学 #丸の内 https://t.co/UKupol1gIz
    about 20時間 ago
  • ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」が開催されます。 1月31日  #SDGs #エンパブリック 2030年の社会を考えよう! https://t.co/qVLUwjOR7j
    about 2日 ago
  • 錦織さん勝ってよかったね。それにしても5時間とは(-_-;) テニスの試合は長すぎる~ いろんな用事を済ませて、ご飯食べて、お風呂に入って、まだやっていた(^^;  #錦織
    about 2日 ago
  • 認知症サポーターが活躍する“認知症カフェ”ついて学ぶ講座が、東京都調布市で開催されます。 #認知症カフェ #オレンジカフェ #認知症サポーター https://t.co/WtHYAOOUbr
    about 3日 ago