参加者募集:空き地で食べ物を作れる…食で社会を変えていくドキュメンタリー映画上映会

 7月1日(日)、映画「都市を耕す エディブル・シティ」の上映会が開催される。

予告編はこちら

「空き地で、食べ物を作れるんじゃない?」

 小さな活動が、やがて都市を耕す運動に…。 

 舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。

 経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市を舞台に一部の市民が始めたアスファルトやコンクリートをガーデンに変えて行く活動。それが共感を呼び、世界に大きなうねりを生んでいます。

「食が重要視されないなら 市民がその重要性を訴えるだけ」

「(社会の中で)問題は山積みだけど 食なら人々の力で変えられる」

 そんな思いから、健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。
 そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。

 卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリーフィルム。

映画『都市を耕す エディブル・シティ』
2014年/米国/56分
英語・日本語字幕
原題:Edible City
監督:アンドリュー・ハッセ
制作:イーストベイピクチャーズ
映画公式サイト
(c)Edible City

日時 2018年7月1日(日) 16:30 – 19:00
場所 Nagatacho GRID
  (東京都千代田区平河町2-5-3)
参加費 2000円

<スケジュール>
16:00 受付開始 カフェopen
16:30 上映(上映時間54分)
17:30 上映後アフタートーク&ダイアローグ
18:30 イベント終了
19:00までチルアウト カフェタイム

申込&詳細はこちらへ

関連記事

  1. 山木戸先生の初書籍「心の転職 ピンチから抜け出せ」

  2. 老い、介護、認知症…を描くインド映画「あるがままに」上映会@東京外語大

  3. 人生の豊かさとは?老夫婦の生活から見つめ直す映画「人生フルーツ」

  4. 映画上映会:すべての子に居場所がある学校とは!?「みんなの学校」@東京稲城

  5. 世界難民の日:募金つきオンラインシアターUNHCR WILL2LIVE Cinema 2020

  6. 参加者募集:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会

  7. オンライン映画祭:欧州の映画を自宅で楽しめる

  8. 書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

  9. 日本シンガポール国交樹立50周年記念 短編映画祭

PAGE TOP