BICYCLE CITY EXPO 2018 自転車まちづくり博 

〇こんな内容です~
・進化してきたシェアサイクル、シェア駐輪場も
・「自転車と健康」トークショー
・ランニングと違う自転車の特徴は?
・自転車は道路の邪魔者なの?
・会場の様子をフォトレポート
-----------------------------------------------------------------
 5月29日~30日、東京ドームシティ・プリズムホール(東京都文京区)で、BICYCLE CITY EXPO 2018「自転車まちづくり博」が開催された。

世界的なパーツメーカーのシマノ。最近、注目されている「eバイク」と呼ばれる電動自転車、マウンテンバイクも展示していた

テーマは、「自転車を利活用したまちづくりの推進」

 主催は、BICYCLE CITY EXPO 2018実行委員会(運営:株式会社ライジング出版)

 数年前、スポーツバイクに乗っている人が増えた感じがしたが、最近は落ち着いたようにも見える。
 東京では相変わらずママチャリが主流で、自宅から駅への通勤・通学、買い物のために乗ることが多いようだ。
 また、シェアサイクルをけっこうみかけるようになったが、利用は増えているのか? 使い勝手はよくなったのか?など、気になる点は多い。

筆者自身、スポーツバイクを保有している自転車好きなので、いろいろと興味津々!で参加してきました。

 同イベントの様子をショートレポートします。

シェアサイクルに、シェア駐輪場も!

シェア駐輪場みんちゅうを紹介するコーナー

 会場で一番目立っていたのは、シェアサイクル。スマホで登録して借りて、ポートがあるところに乗り捨てできるのが主流だ。7段階変速ギア、電動アシスト付きのシェアサイクルもあった。
 
 また、駐輪場をシェアするシステムも紹介されていた。
スマホを使って、店先など事前に登録された狭い空きスペース等を、有料駐輪場として貸し借りすることができるシステム。

 広い土地や新たな駐輪機器の設置も不要なため、駅周辺などでの新たな駐輪スペース確保に期待されている。

 すでに神奈川県大和市では、「みんちゅう」という同システムを運営しているアイキューソフィア(株)と提携している。
 大和、中央林間両駅周辺で駐輪場シェアサービスを活用して、放置自転車減少をめざしている。
みんちゅうの詳細はこちらへ

 その他、警視庁の交通安全を啓発するコーナー、ヘルメット、ライト、タイヤや、サイクルツーリズムの紹介コーナーなどもあった。

自転車は、道路の邪魔者なの!?

 南奈良総合医療センター、日本整形外科学会専門医の富和清訓さん、ジャーナリスト・自転車ツーキニストの疋田智さん、一般財団法人日本自転車普及協会事業評価委員の内海潤さんのトークショーを見学した。
 テーマは「自転車と健康」

左から疋田さん、富和さん、内海さん

 自転車に関する著書もある疋田氏が、自転車通勤によってダイエットに成功したばかりでなく、健康になった実話を写真を見せながら語っていた。

 自転車通勤は一時増えていたが、最近はブームも落ち着いているようだ。
 原因としては、都市部では安全面を考慮して、自転車通勤を禁止している会社も多い。さらに、自転車レーンが少なく走りにくい、自転車が高額などの問題点が出された。

 安全面については、実は交通事故の死亡率は、自転車は車・オートバイに比べるとはるかに低いという。

 健康づくりに関しては、糖尿病の人などによい効果をもたらすこともわかってきている。
 気軽な運動としてランニングが人気だが、膝へ負担がかかる。自転車は膝への負担が少ないという利点もある。

 また、自転車は、自分のペースで楽にこいだり、がんばってこいだりと、自分なりのペースで走れることも特徴だ。ランニングと違い、お休みモードでも前に進める。

 さまざまな自転車ならではの利点を、もっとエビデンスを使って発信していく必要性を3人は訴えていた。

 そして、意識の問題も指摘されていた。まだ日本において自転車は「道路の邪魔者」という意識が強い。2020年のオリンピック・パラリンピックでは、自転車競技も行われることから、自転車への意識が高まっていくことが期待されている。
 
(まとめ “得る”Cafe事務局 いとう啓子)

シェアサイクルのPIPPA  (株)オーシャンブルースマート。3段変速ギア、GPS付スマートキー、ノーパンクタイヤを装着

開錠から支払いまでスマホでできる

シェアサイクルのLet's BIKE (株)陽報。電動アシスト付き、7段変速ギア、ノーパンクタイヤを装着。指紋認証キーシステムを順次導入する予定

ノーパンクタイヤの断面:特殊なゴムでできている。空洞になっていないからパンクしない。

eバイクやシェアサイクルの試乗も行われていた。

ロードバイクやクロスバイクにも付けられるバックミラーを確認中の筆者。ハンドルの先についている青いのがバックミラー、タナックス(株)

関連記事

  1. オーライ!ニッポン大賞表彰式、養老孟司代表が講演@東京

  2. イベント報告:子どもたちとソーラーランタンつくり@多摩川自然情報館

  3. 保護中: 開催報告:みんなあそび~ココロとカラダと未来を育む~@横浜市青葉区

  4. 開催報告:ネット被害の防止を考えるシンポジウム@東京

  5. 活動報告:“得る”Cafeサイトを学生さん等にプレゼン@東京学芸大学

  6. スプリングフェスティバル「平和の手紙を届けよう!」恵泉女学園大学

  7. 開催報告:“夏休み明けの不登校”を考えるイベント@東京足立

  8. 団体紹介:「生」と「性」を子どもたちに教える助産師グループOHANA

  9. 開催報告:子ども教室-シカ・タヌキの骨に触ったり描いたり@麻布大学いのちの博物館

PAGE TOP