介護者フォーラム2018「認知症カフェからみる介護者支援」@東京

 NPO法人介護者サポート ネットワークセンター・アラジンは、7月29日(日)に介護者フォーラム2018「認知症カフェからみる介護者支援」を開催する。

 オランダのアルツハイマーカフェをモデルに日本に導入されたのが「認知症カフェ」。

 ここ数年で2,700箇所といわれるまでに全国に広がった。一方で、介護者への支援については、これまでなかなか明らかになっていない現状がある。

 同フォーラムでは、多様な認知症カフェの事例から、どのように展開されているのか、その実情や、地域で望まれる支援について議論を深めていく。

介護者フォーラム2018「認知症カフェからみる介護者支援」
プログラム
第1部 基調講演 「認知症の人や家族を支えるための地域とは」
 繁田雅弘氏/東京慈恵会医科大学 精神医学講座教授

第2部 パネルディスカッション
「認知症カフェ」からみる介護者支援」
パネリスト 
 川崎市・土橋カフェ(老門泰三)
 柏市・みちくさカフェ(布川佐登美)
 荒川区・にっぽりんぐ(近藤康寛)

コーディネーター 柴田範子(NPO法人楽 理事長)

日時  2018年7月29日(日)13:00 ~ 16:30
会場  千代田区立日比谷図書文化館
    (東京都千代田区日比谷公園1-4)
定員  150 名
対象  認知症カフェや介護者支援に関心のある方、支援者など
参加費  一般 1,500円

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 参加者募集:講座「人生100年時代、あなたはどう生きる?」@東京

  2. 開催報告:講座「ボランティア活動で創る”学び・仲間・自分”」@東京足立

  3. 大学の地域活動:高齢者住宅で看護学部お助け隊by京都橘大学

  4. 参加者募集:オンライン研究会「老人ホーム入居後の自分らしい生活について」

  5. “人生最期のお風呂”にやりがいを感じる八王子の“入浴王子”

  6. オランダの事例から高齢者の社会参加、地域の助け合いを考える

  7. イベント情報:調べ学習の「まちだ探・探ゼミナール」発表会@東京都町田市

  8. 第24回「 老後資金」対策: 年金を増やす方法とは

  9. 参加者募集:講座「多様化する“介護移民”」@清泉女子大

PAGE TOP