開催報告:家庭力セミナー 発達障害者とパートナーの本音トーク@東京足立

 一般社団法人 あだち子ども支援ネットは、8月5日「学び場づくり」連続講座 第2回家庭力セミナー「カサンドラ症候群と、その困難、そして回復への道すじ」を開催した。

 発達障害の人とのコミュニケーションが難しいために、家族や身近な人が心身の健康を損なう状態をカサンドラ症候群という。

 第2回家庭力セミナーでは、このわかりにくい関係性と家庭への影響について、カサンドラ当事者であるSORAさんと、発達障害当事者の冠地情さんが医師、専門家では話せない本音を語った。

●2018年8月6日 追記
<イベントを終えて、主催者からメッセージ>

 発達障害の家族を持ったときの…自分のパートナーが発達障害!
 とてつもなく和解できない精神的困難な状況が家庭で起こります。
 そんな状況下でカサンドラさんは、解決の糸口もなく耐えて耐えています。たくさんの本音トークが飛び出しました。そして、発達障害さんの方からも。わかりあえない立場の違う家族の疑似本音バトルトーク。
 大変な困難さが理解できました。参加者46名の思いもまた、様々でした。
 「家庭力」、家庭内バランスって重要です。どこの家庭にでも起きていることが、はっきりと言葉で表現されました。

セミナーの様子


●第1回家庭力セミナー 親子講演会「発達障がいの僕から 母親から」の情報はこちらへ

「学び場づくり」連続講座 第2回家庭力セミナー
カサンドラ症候群と、その困難、そして回復への道すじ
日時 2018年8月5日(日) 13:00 ~16:30
場所 東京未来大学こどもみらい園 501教室
   (東京都足立区綾瀬)
定員 50人
参加費 500円(学生無料)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催報告:バス停から地域を考えるワークショップ@埼玉県春日部市

  2. 開催報告:地域ビジネス創発コンテスト(後半)@東京稲城

  3. 京都10大学が、東京丸の内で京都文化を発信!

  4. 食の豊かさ、その裏にあるものとは? 食の安全を考えるフォーラム@大東文化大学

  5. 追悼:子どもを持つがん患者のコミュニティを作ったキャンサーペアレンツの西口さん

  6. 巣箱を見て“みつばち”について学ぶ親子環境教室@東京調布市

  7. シンポジウム:スポーツと国際貢献を考える「競うこと」「つながること」の先へ@成蹊大学

  8. 開催報告:ネットの書き込みなどによる被害への対処・防止について考えるシンポジウム@東京

  9. シンポジウム:ジオパークって何?地域で行うジオパークの活動

PAGE TOP