開催報告:年齢や立場を越えて「みんなでトーク」するイベント@東京足立区

 一般社団法人あだち子ども支援ネット(東京都足立区)では、年齢、組織、肩書きも関係なく、枠を超えて対話する場「みんなでトーク あだちフューチャーセッション」を8月26日(日)に開催した。

セッションの様子

 多くの社会問題はさまざまな事柄が絡み合い、当事者や専門家だけでは解決しにくくなっている。

 フューチャーセッションでは、今ある枠組みだけでは解決の難しい現状の様々な課題を解決するため、所属組織や立場、年齢などの異なる多様な人が集まる場。

 普段生活している中では決して構築されることのない関係性を作り、対話を作って、お互いの理解を深めたり、主体的に実行することを目指していく。

 有識者会議ではなく、子ども、大人、お年寄りなど、いろんな人が集まり、今までにない地域の土台つくりを目指す。

2018年8月28日追記
<イベントを終えて主催者からメッセージ>

開催報告
「みんなでトーク」を、開催しました。
 年齢差60年以上の参加者がワクワクドキドキで始まった「第1回あだちフューチャーセッション」は、楽しいにぎやかな時間になりました。

 今回は、確実に子ども達(4歳~高校3年生)が勝ちです。
 リーダーは、だれ?の答えは、即座に小学校6年生のいつも発言少なめな女子から…「みんな!」
 今日の主催者のあだち子ども支援ネットは、「みんな」がリーダー。

 そして、今日のそれぞれの気持ちを風船に書いて、チームで風船タワーづくりに取り組み、チームワーク作業を経験したことで、自然に参加者が解け込み、世代を超えてトークへ!!

 仕事選択・キャリア・生活・生きる・批判しない・批評の意味・研究は仕事・稼げる職業・何の職業につきたい(4歳~小2<助産師>、小6<パン屋>、高校生<研磨士>・・なぜ?・・言葉にした時の周りの反応)・家庭内での言葉のやりとり・・。

クリックで拡大

親子とーく
 現代の家庭、子育て。社会のどこにでもある状況が、子どもの言葉で解明されました。

参加者 行政の支援関係者・地域の支援関係者・映像関係者・大学院生・大学生・高校生(特別支援学校生含む)・中学生(特別支援学校生含む)・小学生・保育園児

クリックで拡大

あだちフューチャーセッション
第1回「みんなでトーク」

日時 2018年8月26日(日) 13:00~16:30
会場 東京未来大学こどもみらい園 501教室
 (東京都足立区綾瀬2-30-6)
定員 50名
参加費 500円

あだち子ども支援ネットのHP

 

 

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催報告:親子で体験プログラミング入門@埼玉県春日部市

  2. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアーその3

  3. シンポジウム:スポーツと国際貢献を考える「競うこと」「つながること」の先へ@成蹊大学

  4. 音楽を通じて地域活性化 夢の音村「森の公民館」島根県

  5. 開催報告:子ども教室-シカ・タヌキの骨に触ったり描いたり@麻布大学いのちの博物館

  6. 動画公開:「絵本で世界を旅する」読み聞かせイベント@新宿

  7. 京都10大学が、東京丸の内で京都文化を発信!

  8. 開催報告:遠藤周作を読む~人間の弱さ・哀しさとは~@東京足立

  9. 開催報告:悠々ホルンさん講演「『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達」@東京足立

PAGE TOP