開催報告:産官民学連携の子ども向けイベント「つながる、見えるサイエンス」@神奈川県相模原市

 北里大学医療衛生学部の川守田拓志准教授が企画代表を務めるイベント「つながる、見えるサイエンス」が、8月31日(金)にユニコムプラザさがみはら・ボーノ広場(神奈川県相模原市)で開催された。

クリックで拡大

 同イベントは、相模原市、相模原市教育委員会、町田市による後援のもと、関連企業、団体など約30施設が協力。保護者と子どもが楽しくサイエンス、交通安全、防災、防犯について学んだ。

 産官民学連携による社会課題融合型の子ども教育イベントで、最新シミュレータから地域の情報や得意分野でのアプローチを行った。

2018年9月6日追記
 <イベントを終えて川守田拓志准教授からメッセージ>

 子どもの科学・安全教育啓発イベントを実施し、保護者や地域全体が交通安全への意識を高めて、交通事故の減少、防犯、防災の知識および意識向上を目指しました。子どもたちに学ぶ機会を創り、保護者や地域、様々な団体がつながり、連携できたと思います。

 関係施設からスタッフ100名体制で来場者をお迎えし、ユニコムプラザさがみはら内とボーノ広場を合わせると約800名を超える方にご参加をいただきました。

 子どもたちは、笑顔いっぱいで楽しんでいただき、とても有意義な時間を過ごせました。今後も皆が役に立ち楽しいイベントを開催したいと思います。

(下記写真提供:川守田拓志准教授)


つながる、見えるサイエンス
内容
・おもしろタコの観察教室
・小田急の制服着用で記念撮影、交通安全ロマンスカーキーホルダー製作
・身近な交通安全を考えよう。ヒヤリハットマップづくり!
・タッチパネルで視認スピードチェック
・知的好奇心を刺激する科学動画ライブラリ サイエンスチャンネル公開。
・新型交通安全教育車「ゆとり号」がやってくる!
・子ども記者体験
・視覚のサイエンス、眼から考える交通安全
・健康に関する壁新聞をめぐるクイズラリーなどを企画中です。
・色が変わるパンケーキ!?大学生と一緒に調理をしよう!
・ボーノ広場にてライブ生演奏
・反射材や蛍光色の生地を、好きな形に切って貼って、オリジナルの「安心お出かけバッグ」を作ろう。
・実験で学ぶ地震災害
・自転車 安全運転 チェックシート
・交通安全相談コーナー
・首都高 黄パト、ホメパトの展示、乗車体験
・社会に役立つプログラミング講座
・高視認性安全服の紹介
・バーチャルリアリティで挑戦!危険予測で無事故を目指そう!
・交通安全危険予測シミュレータ(自転車編)
・ハイ・ロービーム視認性体験
・子ども安全運転免許証の発行
・暗室テントにて反射材を使用した製品を展示し、ライトを当て反射材機能を視認体験
・遠隔電池教室
・真っ暗なお部屋でピカピカ光るレインコートをみてみよう!
・「防災ポスターを見てみよう」、「火山って何?」、「火山灰から身を守ろう」、「 火山灰の健康影響」、「台風や大雨に備えて」、「震源ちゃん」など情報展示。
・自転車シミュレータの体験

日時 2018年8月31日(金) 11:00~17:00
会場 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3番2号
(小田急線相模大野駅 北口より徒歩3分)
対象 一般市民(小学生、未就学児童およびその保護者)500名程度
入場無料
主催 北里大学医療衛生学部視覚機能療法学& VisionCLUB

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 春の花に癒される:恵泉女学園大のオープンガーデン

  2. 自分を表現して、いろんな人と仲良くなる高校生向け「パフォーマンス合宿」@東京

  3. セミナーレポート:小水力発電等のインフラで稼ぐ地域再生(和歌山県有田川町)

  4. 講座「学びのクリエイターになる!」第12回「まとめ・発表」

  5. 開催報告:講演・定年後、オリーブ栽培&レストラン経営で都市農村交流 @熊本県荒尾市

  6. 施設紹介:動物の骨標本がすごい!麻布大学いのちの博物館@神奈川県相模原市

  7. 講演「女性のキャリアと生涯就業力」教育農場ツアー・ダンスetc@恵泉女学園大

  8. 開催報告:楽しみながら スマホの写真整理を学ぶ講座@神奈川県座間市

  9. 開催報告:ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」@麻布大学

PAGE TOP