映画「三沢川いきものがたり」完成試写会&散策@東京稲城市

 生物多様性ドキュメンタリー映画「三沢川いきものがたり」の完成試写会&三沢川ウォーキングの第1回が、東京都稲城市で8月18日に行われた。

 同作品は、フリーの映像ディレクター、島倉繁夫さん(77)によるドキュメンタリー。今回、クラウドファンディングで支援金を集めて、プロによるナレーション録音や追加撮影・編集を行って完成した。

 作品については、“得る”Cafeでも紹介している。
紹介記事はこちらへ

 今年4月末から6月末にかけて行われたクラウドファンディングでは、全66名、目標額の50万円を超える58万8千円が集まった。

支援者が集まった

 クラウドファンディングのベーシックリターンとして8月18日と25日の2回、完成試写会が設定されていた。
 筆者は支援者として、第1回目に参加。当日は、会場となった地域振興プラザ(東京都稲城市)に約30名ほどが集まった。

生物多様性ドキュメンタリー映画「三沢川いきものがたり」

挨拶する島倉さん

 まずは、「三沢川いきものがたり」を鑑賞した。上映が開始されると、三沢川に生息する50種類以上の生き物が次々と紹介されていった。
 四季の流れの中で、蛇、トカゲ、鳥、虫や魚などがハイビジョンによる鮮明な映像で映し出された。

 トカゲの喧嘩、サギの餌とり、蛇が獲物を飲み込む、カルガモの親子、カワセミなど野鳥の姿、魚のジャンプ、産卵期の激しい動きなどなど、初めて見るシーンばかり。
 まさに、生き物の物語が凝縮された90分。興味津々で見ていたら、あっという間にエンディングとなった。

三沢川(みさわがわ)は、多摩川水系の支流で主に神奈川県川崎市および東京都稲城市を流れる一級河川。クリックで拡大

 東京郊外ながら、住宅地の中を流れる川で、こんなにも多くの生き物がいるということにとても驚いた。
 ほとんどの人は、人間の生活のことばかりを考えているが、実はすぐそばで一生懸命生きている“いきもの”がいる。

 改めて、いろんな生き物たちと一緒に暮らす“共生”について考えさせられた。

生き物が見えてきた!三沢川をウォーキング

 上映会の後、約10名が島倉さんの案内で三沢川をウォーキングした。

島倉さんの案内でウォーキング クリックで拡大

 川沿いを歩きながら、いろんな生き物がいることを発見していった。夏の昼間なので、あまり生き物はいないかもしれないと島倉さんは話していたが、予想に反していろいろと発見できた。

 元気よく泳ぐ魚たちに、運よくカワセミの姿も発見。セミが必死に鳴く姿を近くで見たり、なんとスッポンも泳いでいた。
 よく見てみると、実はいろんな生き物がいることがわかった。

写真を見せながら解説してくれた。クリックで拡大

 映画を見たことで、生き物への意識が高まり、見ようとしたことで、いろんな生き物に気づくことができた。

 歩きながら、島倉さんは撮影の裏話や、生き物について話してくれた。約1時間のウォーキングも充実した時間となった。

(取材・まとめ “得る”Cafeサイト管理人 いとう啓子)

<9月に稲城市で野外上映会を開催>

 9月17日(月・祝)午後5時から、稲城市の中央図書館交流広場で、映画『三沢川いきものがたり』の野外上映会が行われる。
 当日は、島倉さんのお話会もある。

チラシ クリックで拡大

いなぎがもっと好きになる!
映画『三沢川いきものがたり』とお話会

講演会(60分)+野外上映会(85分)

日時 2018年9月17日(月)
   17:00~ 講演会
   18:00~ 野外上映会
場所:講演会 (城山体験学習館視聴覚室)
   野外上映会 (図書館敷地内交流広場)
(東京都稲城市向陽台4-6-18 城山公園内)
 *雨天時は城山体験学習館視聴覚室
定員:60人

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 巣箱を見て“みつばち”について学ぶ親子環境教室@東京調布市

  2. 開催報告:産官民学連携の子ども向けイベント「つながる、見えるサイエンス」@神奈川県相模原市

  3. 絵本・紙芝居の読み聞かせボランティア@東京都調布市

  4. 施設紹介:動物の骨標本がすごい!麻布大学いのちの博物館@神奈川県相模原市

  5. 春の花に癒される:恵泉女学園大のオープンガーデン

  6. 活動報告:“得る”Cafeサイトを学生さん等にプレゼン@東京学芸大学

  7. SDGs12 エシカル消費を考え体験するイベント@千葉商科大学

  8. 開催報告:ネット被害の防止を考えるシンポジウム@東京

  9. PHOTO REPORT 社会教育の未来を♥で語る ~前仙台市長&若者セッション~

PAGE TOP