開催報告:悠々ホルンさん講演「『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達」@東京足立

 あだち子ども支援ネットは、9月23日に「学び場づくり」連続講座「『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達~二度命を手放そうとした僕から大人の皆さんへのお願い~」を開催した。

クリックで拡大

 講演するのは、子ども達の辛い想いを代弁しているシンガーソングライターの悠々ホルンさん。

 悠々ホルンさんは、10代のときに不登校や自殺未遂に及んだ経験を持つ。心に傷を負った10代の女の子を中心に支持され、5千通をこえる応援、相談メッセージが全国から寄せられている。
 テレビや新聞などメディアで取り上げられた他、法務省、厚生労働省、学校などで講演活動を行っている。

「もしもタイムマシンがあったとしたら、
命を手放そうとした頃に行って僕の想いを親に説明したい」悠々ホルン

 講演のほか、全国の子ども達から受け取ったメッセージを元に作った曲の弾き語りも行われた。

2018年9月25日追記

<イベントを終えて、代表理事の大山さんからメッセージ>

クリックで拡大

 今回は、ホルンさんの生い立ちからはじまり、今現在までの自分や周りの環境との向き合い方、乗り越え方などの話があった。

 ホルンさんの周りの多くの青少年や同世代及び、相談者の保護者・家族。様々な方々からの“生の生きづらさ”を詩にメロデイにして共有していった。
 今回も講演会場には、全国から多くの人が集まった。

 2時間30分の講演が終わると、参加者の表情が「話したい!」と、訴えていた。
 急遽「みんなでトーク」に切り替え、残った人たちで、様々なカミングアウトの時間となった。
 誰もが聞き役。涙あり。支えあり。アドバイスあり。
 世代を超えた「自分の生きづらさを吐き出せた仲間」になった。

 開催会場から、みなさん笑顔で帰路へ。
 そして、「また、来たい!」の声が主催者に届きました。

(写真提供:あだち子ども支援ネット


「学び場づくり」連続講座
『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達
日時 2018年9月23日(日) 14:00~16:30
会場 東京未来大学こどもみらい園 家政実習室
  (東京都足立区綾瀬2-30-6)
定員 50人
参加費 500円

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 巣箱を見て“みつばち”について学ぶ親子環境教室@東京調布市

  2. 開催報告:フォトロゲ 写真を撮って街をめぐる@千葉市川

  3. 開催報告:ネットワーク型組織の生かし方@埼玉県春日部市

  4. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアー その2

  5. 映画「三沢川いきものがたり」完成試写会&散策@東京稲城市

  6. 写真レポ:カレーライスを本当に手作りするプロジェクト第3回@大阪

  7. きっかけ作りのお手伝い 地域デビュー歓迎会@東京調布市

  8. 開催報告:家庭力セミナー 発達障害者とパートナーの本音トーク@東京足立

  9. 青少年の居場所Kiitos(調布市)内閣府「子供と家族・若者応援団表彰」で表彰される

PAGE TOP