貧困対策でない“がきんちょ”地域食堂@東京足立区

 「子ども応援団」の大人と、地域の子ども達とのふれあいを大切に青少年の地域活動を応援し、若い発想を地域力に活かしていくことを目指す「“がきんちょ”ファミリー」(東京都足立区)では、月に1度、地域食堂を開催している。

クリックで拡大

 この食堂は、いわゆる貧困対策でない独自の“がきんちょ”地域食堂。
  『地域に大きな(でっかい)ファミリーをそっと、作り上げることが目的』で、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも利用できる。

 “がきんちょ”ファミリーのHPには、下記のように記されている。

 ① 助成金を当てにしないで、地域の物とお金の循環でできないか?
 ② 大人の参加者は、スタッフ含め全員が200円の次回協力金を!
 ③ 30人募集するが、作り置く準備の食数は50~60人分
 ④ 広報できないので、口コミになるべくたよる。
 ⑤ おかわりOK
 ⑥ ちょっと、おみやげも!!
 ⑦ 食べる時間は、1時間
 ⑧ はじめて顔を合わせた参加者が、おもしろおかしく、にぎやかに顔をクチャクチャにしながら、おしゃべりしながら食べる。
 ⑨ 会場に来る時・・会場から家族みんなで帰る時の時間も楽しんでいただきたい。
 ⑩ 月1回のなんだか変な食事会

 今月は、10月6日(土)に南花畑住区センターで開催される。

日時 10月6日(土) 18:00~19:00
場所 南花畑住区センター
   (東京都足立区南花畑3-14-7、筑波エキスプレス 六町駅より徒歩10分)
参加費 大人200円、 学生無料
30名先着
後援 足立区教育委員会

参加申し込みは、“がきんちょ”ファミリーへ

“がきんちょ”ファミリーのホームページ


★“がきんちょ”ファミリーは、一般社団法人あだち子ども支援ネットの代表理事、大山光子さんが代表をつとめる団体。
 “得る”Cafeでは、あだち子ども支援ネットの活動も紹介している。

一般社団法人あだち子ども支援ネットのHP

<あだち子ども支援ネットの記事>
★レポート:美術館で“出会い・つながり”を作るイベント@六町ミュージアム・フローラ
★開催報告:悠々ホルンさん講演「『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達」
開催報告:年齢や立場を越えて「みんなでトーク」するイベント
開催報告:“夏休み明けの不登校”を考えるイベント

Similar Posts:

関連記事

  1. ITを利用した官学連携プロジェクト「室池いきもの王国」@大阪

  2. 受講生募集:“つなぎすと府中”コーディネーターのスキルを学ぶ講座@東京府中

  3. 地域の食材とアートを融合させた「おいしいミュージアム」@筑波学院大学

  4. 市川市民の手作り行灯が輝く!「真間あんどん祭り」

  5. 参加者募集:居場所について考える講座@東京狛江

  6. 創価大学の「ムスリムウェルカムタウン八王子」が最優秀賞受賞

  7. すぎなみ塾おとな塾

    2025年の地域と自分を考える講座@東京都杉並区

  8. 市民が利用する秋津小学校コミュニティルーム@千葉県習志野市秋津地区

  9. 「地域共創シンポジウム~大学とまちづくり・ものづくり2017」@芝浦工業大学

PAGE TOP