参加者募集:食品ロスを考える/“食べ切れなかった食品を地域でシェア”する 料理会(東京調布市)

 

 東京都調布市で、食品ロス削減のため、賞味期限切れ食品や虫食い野菜などを使った料理会が行われている。

 この料理会を主宰するのは、 別々の都内フードバンクにスタッフとして関わる田中さんと矢口さん。田中さんは料理教室の講師としても活躍する調理師でもある。

 ふたりが意気投合して、賞味期限が1日過ぎた食品は食べられないなどの「思い込みをとっぱらいたい!」とはじめたこの活動は、「レスキューキッチントーキョー(略称:RKT)」と名付けられた。2018年4月からこれまでに7回開催され、10月28日(日)に行われる。

内容
・食べられる食品かどうかを賞味期限という数字に頼るのでなく自分の感覚で判断できるようにする“五感チェック”の体験
・野菜の過剰除去を防ぐ知識や調理技術・食材の鮮度を長持ちさせる知識
・食べられるのに捨てている食材を減らすための調理アレンジやレパートリーなどを知る

 ”食べ物を大切にしたい”という思いを” 食品ロスを減らすための知恵” へと変えることの出来る料理会だ。

“食べ切れなかった食品を地域でシェア”する料理会(4時間)
日時 2018年10月28日(日) 14:30~18:30
会場 調布市 市民プラザあくろす内|調理室 
  (東京都調布市国領町2-5-15 コクティー3階)
  (京王線 国領駅 北口下車3分)
定員 10名(先着)  
参加費 3,200円(税込)(1人参加費、補助食材、ドリンク、会場費 、保険料込み)

・持ってくるもの:筆記用具、エプロン、タオル、(希望により) 持ち帰り用タッパー、家で余っている食品1品 ※(「 賞味期限切れ食品」など)

※ 以下のものは除く:調味料/「消費期限」の過ぎているもの(”賞味期限”はいくら過ぎていても構いません)/ 個人の手作り食品/開封済みの加工品(レトルト類、缶詰類、 瓶詰め類、チューブ品)

主催  [ 東京C観光 ](運営事務局:フィールドトリップ東京株式会社)

クリックで拡大

▼こんな方におすすめします
・食品ロスのこと、もうちょっと知りたい学びたい
・食材を無駄にしてしまうモヤモヤを共有したい
・家に眠っている食材を活用したい
・料理を通じて食材のこと、技術のこと、楽しく学びたい
・食品ロス削減の共通テーマで地域でつながりたい

▼こんなことが得られます
・賞味期限に頼らない、食品の”五感チェック”体験
・家庭の食品ロスを無くす、減らす知恵(鮮度を伸ばす/ 食材を捨てずに活かしきる)
・意外性ある調理レパートリー
・同じ好奇心でつながる多様な人たちとの”共に食べる”楽しさ
・食品ロス削減に微力ながら貢献できたという満足感

申し込み&詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 写真追加:移動できるエコな小屋「えねこや」完成!

  2. 参加者募集:環境活動パワーアップ講座@京都

  3. 参加者募集:究極の森あそびシリーズ:世界最速?!鏡川源流そうめん流しチャレンジ@高知

  4. 参加者募集:講演会「中国環境NGO活動を聴く」@大阪

  5. 活動紹介:ゴミ拾いはスポーツだ「スポGOMI大会」

  6. 岐阜聖徳学園大学が地元自治会と防災訓練を実施

  7. 参加者募集:大学を中心とした地域防災についての講座@東京丸の内

  8. 生物多様性ドキュメンタリー映画「三沢川いきものがたり」@東京稲城

  9. 参加者募集:4つの視点を通してSDGsが目指す世界 「ナッジ的SDGs体感セミナー」@東京港区

PAGE TOP