参加者募集:多文化社会のために働く若者の話を聞く「多文化カフェ」@東京

(一社)多文化社会専門職機構(略称:TaSSK)では、今年2回目の「多文化カフェ」を11月17日(土)に開催する。

クリックで拡大

 今回の「多文化カフェ」は、多文化社会の問題解決に向けてそれぞれの現場で活躍する3名が、「しごと」について語り合う。
 タイトルは「多文化社会コーディネーターNext Generationー若手が語る『わたしのしごと』ー」です。

 多文化社会に関わるしごとはやりがいと醍醐味に満ちている。これからの多文化社会の問題解決を担う若手コーディネーターは、どのような課題を見出し、「しごと」に取り組んでいるのか。
 彼らの「しごと」についての体験談などから、熱い思いを体感できる。

対話からの創造 多文化カフェ
日時 2018年11月17日(土)14:30~17:30
場所 多文化社会専門職機構 事務所
  (東京都千代田区神田神保町2-3神田古書センタービル6F)
参加費 1,000円
ゲスト
 浅井 里依子さん(越谷市市民協働部市民活動支援課 主事)
 押味 亜希子さん(国分寺市国際協会 事務局長)
 北村 祐人さん(多文化社会コーディネーター/文化庁国語課専門職)

申し込みと詳細はこちらへ

関連記事

  1. 参加者募集:イラクのお茶を楽しみながら交流する“イラクカフェ”@東京上野

  2. 小学生異文化交流プロジェクトby明海大学

  3. レポート:障害特性をアートに換えて生きる@東京銀座

  4. 参加者募集 シンポ:多文化共生社会の実現に向けた市民性教育と日本語教育について@新潟

  5. 障害者・健常者を問わずアートを通じて心を癒す「あーとすたじお源」の福家健彦さん

  6. 外国人向け日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」by立命館アジア太平洋大学

  7. シンポジウム:“マイノリティの子ども”について考える@文京学院大学

  8. 参加者募集:障害者と共に生きることを学ぶ講座@東京国分寺

  9. 「多文化子ども教育フォーラム」日本で暮らすムスリムの子どもたち@静岡県浜松市

PAGE TOP