きっかけ作りのお手伝い 地域デビュー歓迎会@東京調布市

●ざっくりいうと
・リタイアして地域活動をしたい人のきっかけづくり
・市内のシニアを集めて説明会&交流会
・今年も、市内ツアーや男の料理教室を開催
・ボランティア活動支援も行う


クリックで拡大

 10月31日(水)、調布市の文化会館たづくりで、平成30年度地域デビュー歓迎会が開催された。

 地域デビュー事業は、市が2007年から行っているもので、地域でつながりを広げたい人、長く住んでいる調布の街をさらに知りたい人、リタイア目前・直後で自由な時間が増えた人、調布で気の合う仲間を作りたい人などを対象としている。

 市内の60歳以上のシニアにダイレクトメールやチラシ、ホームページなどで呼びかけ、同歓迎会には約30名が参加。地域デビュー事業についての説明に耳を傾けた。

一歩踏み出すお手伝い

挨拶する永久委員長 クリックで拡大

 当日は、まず調布市地域デビュー推進委員会の永久章委員長が登壇。「リタイア後、地域に知り合いがいなくて、何していいのかわからない。そういう人が一歩踏み出すお手伝いをする会です」と参加者に話した。

市内バスツアーや料理教室を開催

 副市長の挨拶の後、調布市生活文化スポーツ部長の宇津木光次郎氏が基調講演を行った。
 宇津木氏は、地域デビューについて「職業とは別に定年退職や子どもの自立などをきっかけにして、地域で行われている活動に初めて参加することである」と説明していた。
 
 意欲はあっても実際に地域デビューして地域活動に参加する人は少ない。こういう人たちに向けて、市では動機付けやきっかけ作りとして同事業を行っている。

基調講演を行った宇津木部長 クリックで拡大

 事業の説明の後、これまで行ってきた市内のバス&徒歩ツアー、男の料理教室などを紹介していった。
 そして、地域デビューを考えている参加者に対して、情報収集(知る、学ぶ)、参加してみる(初めの一歩)、楽しむ(継続)、仲間づくり(強調)、無理しない(マイペース)が大事だと話していた。

 続いて、推進委員会のメンバーが、今年計画されている調布再発見バス&徒歩ツアー、男の料理教室や、ボランティア活動支援について説明した。

 後半は、グループに分かれて交流会が行われた。

(取材・まとめ “得る”Cafe事務局 いとう啓子)

今までの活動の写真が紹介された クリックで拡大

<今後の予定>
 2018年11月 調布再発見バス&徒歩ツアー(全2回)
      天文研究のメッカ、文化と教育そして緑と水の町
 2018年12月 男の料理教室(全2回)
      まずは包丁を握ってみよう
 2019年2月 ボランティア活動支援 
      一緒に考えてみませんか

平成30年度地域デビュー歓迎会
日時 2018年10月31日(水) 13:30~16:30
会場 文化会館たづくり12階 大会議室
   (東京都調布市)
対象 市内在住のおおむね60歳以上の人
参加費無料

調布市地域デビュー推進委員会のfacebook

Similar Posts:

関連記事

  1. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  2. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアー その2

  3. 開催報告:子どもを取り巻く問題について学ぶ「Child Issue Seminar」@大阪

  4. 開催報告:講演・大阪から離島へ移住。島の魅力発掘をなりわいに!

  5. 開催速報:持続可能な社会・なりわい・暮らしを考える交流会@兵庫

  6. 捨てられた食料はどこへ?食品リサイクルを学ぶツアー その1

  7. 食の豊かさ、その裏にあるものとは? 食の安全を考えるフォーラム@大東文化大学

  8. 開催報告:講演「ペットと快適に暮らすお部屋について」@東京稲城

  9. みつばちの学校&採蜜体験@東京調布

PAGE TOP