開催報告:ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」@麻布大学

 麻布大学いのちの博物館(神奈川県相模原市中央区)は、2018年12月15日(土)に、ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」を開催した。

 フクロウはネズミを食べることに特化した猛禽類。
 麻布大学では八ヶ岳の地元の八ヶ岳自然クラブと共同で、フクロウの食べ物を調べるために、人工巣に残されたネズミの骨を取り出して、ネズミの種類を調べている。
 
 同イベントでは骨の基礎を学びながら、分析した。


<2018年12月29日追記>
ワークショップの様子が博物館HPに掲載されました!

 15日のワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」には親子連れを中心に31名が参加。
 担当学芸員が当日の様子をサイトで発表した。概要だけでなく、写真や参加者の感想も掲載している。

〇15日の様子はこちらから

内 容
 1. フクロウとネズミの解説
 2. 分析作業
 3. 締めくくり
 4. 参加者からの感想

 好評につき、ワークショップを22日に追加実施。この日は8名が参加した。
 下記に、22日の写真と参加者の感想が掲載されている。

〇22日の様子はこちらから


クリックで拡大

ワークショップ
「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」

日時 2018年12月15日(土) 13:00~15:00
会場 麻布大学いのちの博物館
   (相模原市中央区淵野辺1-17-71)
定員 24人
参加費無料

麻布大学いのちの博物館HP

 

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催レポ:セミナー「安心して暮らすための介護医療連携と街づくり」@埼玉県立大学

  2. 団体紹介:「生」と「性」を子どもたちに教える助産師グループOHANA

  3. 開催報告:子ども教室-シカ・タヌキの骨に触ったり描いたり@麻布大学いのちの博物館

  4. PHOTO REPORT 社会教育の未来を♥で語る ~前仙台市長&若者セッション~

  5. 障がい者アートを支援 アールブリュット推進協議会、新ソーシャルビジネスを開始@和歌山

  6. シンポジウム:スポーツと国際貢献を考える「競うこと」「つながること」の先へ@成蹊大学

  7. 開催報告:バス停から地域を考えるワークショップ@埼玉県春日部市

  8. 捨てられた食料はどこへ?食品リサイクルを学ぶツアー その1

  9. 青少年の居場所Kiitos(調布市)内閣府「子供と家族・若者応援団表彰」で表彰される

PAGE TOP