参加者募集:今年スポーツ界で起きた出来事を話し合う@東洋学園大学

 東洋学園大学(東京都文京区)は、12月15 日(土)に「スポーツと政治社会」をテーマとした政治社会学会共催イベントを開催する。
 当日は、元競泳日本代表 伊藤華英氏の講演や、元文部科学副大臣 鈴木寛氏、同大学の八塩圭子准教授、荻野博司特任教授によるパネルディスカッションを開催する。

 また、同大学グローバル・コミュニケーション学部の学生が 2年半かけて撮影した「新国立競技場建設定点観測」の写真展示や、同大学の史料室が所蔵する1964年東京オリンピックの聖火用トーチの展示パラリンピック競技「ボッチャ」の体験会などを同時開催する。

<主催者より>
今年話題になったスポーツを様々な専門家の視点で紐解く

 東京オリンピックの開催まであと 2 年を切り、期待が高まる中で、今年は日大ラグビー部や女子レスリング、体操、大相撲界で起こったパワハラ事件や暴力事件、あるいは平昌オリンピックでの日本人選手の活躍や甲子園での熱闘など、スポーツ界では 1 年を通して様々な出来事がありました。

 そこで、注目の集まったスポーツをとりあげ、専門家と学生が共に議論をするなど学会と大学が連携した新しい試みとして本イベントを開催することとなりました。

概要
テーマ 「スポーツと政治社会」
日時 2018年12月15日(土) 14:00~17:30
会場 東洋学園大学 フェニックスホール (東京都文京区本郷 1-26-3)

プログラム
基調講演「2020 年東京オリンピック~私たちはどのように関わるか~」
 伊藤 華英(元競泳日本代表 北京・ロンドンオリンピック出場)

パネルディスカッション
「メディアとスポーツ~スポーツはどう語られたか 2018 年を振り返る~」
 鈴木 寛(東京大学・慶應義塾大学 教授、元参議院議員、元文部科学副大臣)
 八塩 圭子(東洋学園大学准教授、元テレビ東京アナウンサー)
 荻野 博司(東洋学園大学特任教授、元朝日新聞社論説副主幹)

展示・体験
「新国立競技場建設定点観測」写真展示
1964 年東京オリンピックの聖火用トーチ展示
 パラリンピック競技「ボッチャ」体験会

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. ストレスと病、認知症を学ぶ 公開講座@近畿大学

  2. 書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

  3. フライングディスクを楽しむ「パラスポーツ交流会」by敬愛大学

  4. ダイバーシティ野球

    「あるのは野球のルールだけ」多様性、ダイバーシティな野球大会@千葉

  5. スポーティな活動をする団体を募集 by生命保険協会

  6. 障害者スポーツの普及を目指すポータルサイト「CHALLEATH」

  7. 人工呼吸器ドキュメンタリー

    人工呼吸器をつけて地域で生きるドキュメンタリーDVD上映会&講演会

  8. 認知症サポーターフォローアップ研修「若年性認知症とは?」@東京調布

  9. フットサルチーム「フウガドールすみだ」が地元美術館とコラボ@東京都墨田区

PAGE TOP