募集中:都市と農山漁村をつなぐ活動「第16回オーライ!ニッポン大賞」

 第16回オーライ!ニッポン大賞の募集が始まっている。

 オーライ!ニッポン会議は、都市と農山漁村の共生・対流を促進するため、「都市側から人を送り出す活動」、「都市と農山漁村を結びつける活動」、「農山漁村の魅力を活かした受け入れ側の活動」等、優れた貢献のある団体を表彰する第16回オーライ!ニッポン大賞の応募を募集している。

 主催は、(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)オーライ!ニッポン事務局

応募内容や応募方法はこちらへ

★“得る”Cafeでは、昨年の授賞式と、受賞者・団体の紹介をしている。
記事はこちらへ


●オーライ!ニッポン大賞とは
 第15回オーライ!ニッポン大賞受賞者の取り組みは、下記のような内容だった。

〇ありのままの農村生活を体験プログラムに仕立てた日帰り農村体験「ほっとステイ」や、国内のみならず海外からの教育旅行の受入など、耕作放棄地の活用や農村の高齢者の居場所づくりにも貢献している取り組み。

〇美しく多面的な機能を有する棚田を維持するための都市からの支援(ボランティア)を集め送り込みや、企業のCSRとしての取り組みをつなぐ全国的な活動の取り組み。

〇大学生の若い目線や自由な発想と、農山漁村の人々の心の交流を通して地域の課題解決の支援や学生の成長に結びつけ、SNSやYoutubeなどの情報発信により都市からの移住者の増加等限界集落から源快集落への可能性を秘めたモデルケース。

〇漁村集落が一体となり漁業、都市農村交流、農泊事業に取り組み複数の収入源確保により後継者の維持と地域の活性化を図っている取り組み。

〇自然に優しい農業を推進する農家の手助けと農業や農村生活を体験したい人を繋ぎ、相互の橋渡しを世界的なレベルで展開する取り組み。

〇農山村に伝わる食文化や農村生活の素晴らしさを守り後世に伝えるために、都市からのボランティアと一緒になって限界集落を活性化させる取り組み。

〇家庭菜園から定年後には、本格的な農業や農家レストランなど地域の自然や資源を活かしたライフスタイル

〇農山漁村に移住した人の生活のモデルに、半農半Xの取り組みや、若者が農村に移住し古民家を活用した農家民宿を経営し、地域のさまざまな人と交流し地域活性化に取り組むライフスタイル。

<主催者より>
 楽しみながら地域活性化を図っている地域や個人が沢山選定されています。

 企業との連携やCSR、社会貢献、環境保全や福祉を通して農山漁村との交流、さらに地域公民館との農林水産業を活用したライフスタイルなど、さまざまな取り組みがあると思います。

 これまでにないような新たな取り組みの応募も歓迎しています。
 皆様に活動をぜひ幅広くご紹介するためにもご応募お待ちしております。

オーライ!ニッポンのHP

一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構のHP
 

●オーライ・ニッポン受賞者・団体の活動紹介

講演・定年後、オリーブ栽培&レストラン経営で都市農村交流 @熊本県荒尾市
クリックで記事へ

脱サラで北海道へ、牧場やレストラン、農泊、観光事業を展開 クリックで記事へ

農家の女性たちがトマトで地域再生!遊子川 ザ・リコピンズ @ 愛媛県西予市 クリックで記事へ

Similar Posts:

関連記事

  1. 地域活性化のためにがんばる若者コンテスト「ちいきコン」@代々木青少年オリンピックセンター

  2. 都市と農山漁村の共生・対流事業 オーライ!ニッポン大賞 受賞者紹介

  3. 千葉県佐倉市とイオンが地域貢献協定を締結

  4. 地方を目指す若者に、島根県の人気が急上昇

  5. 地域おこし強力隊”大”報告会@鹿児島県長島町

  6. 9/27 日経 地方創生フォーラム開催

  7. あきた森の宅配便

    農山漁村コミュニティビジネスセミナー「山の名人」大活躍のサービス

  8. 空き家を利用した地域との交流会@関東学院大学

  9. 参加者募集:セミナー・地域資源を生かした体験型観光で地域活性化(徳島県西部)@東京

PAGE TOP