活動報告:“得る”Cafeサイトを学生さん等にプレゼン@東京学芸大学

 12月22日、23日に、東京学芸大学で行われた実践研究 東京ラウンドテーブル「実践し省察するコミュニティ」のポスターセッションに参加しました。
 サイト管理人のいとう、事務局の吉田、阿部の3人で臨みました。

ポスターの前でプレゼン。クリックで拡大

 今回は、ポスター作りもポスターセッション(約20分間、ポスターの前でプレゼン)も初の体験。
 いろいろと不安はありましたが、無事に終了しました。

 少人数でしたが、学生さんが熱心に聞いてくださり、質問もしてくださったので、とてもうれしかったです。

 特に、学生さんに、レポーターとして関わっていただければと思っています。
 まちづくり、地域課題への対応、子育て支援などなど。興味のあるテーマに関して、現場に出向いて人や団体の取材をすることは、とてもいい学びになると思います。

 まさに「実践研究」です。卒論対策にも使えます!
 もちろん、学生だけでなく、どなたでも大歓迎です。興味のある方は、ぜひご連絡を!

活動内容の再確認

プレゼンする(左から)いとうと吉田

 サイトを作りながら、ときどき何をしているのかわからなくなるときも(*_*;
 今回、プレゼンするために、自分のやっていることを再確認。気持ちがすっきりしました。

 筆者はライターなので、プレゼンは慣れてないのです。初対面の人に説明するのは少し緊張しましたが、新しい発見もありました。
 アクションを起こすと、違う景色が見えますね。

 学生さんに接することができたのもよかったです。好反応があり、手ごたえも感じました。

クリックで拡大

今後も“得る”Cafeサイトを地道に育てていきます(*^^)v

(“得る”Cafeサイト管理人 いとう啓子)

実践研究 東京ラウンドテーブル
「実践し省察するコミュニティ」
日時 2018年12月22日、23日
会場 東京学芸大学 講義棟N棟
参加費無料

ポスターセッション
東京学芸大学、明治大学、大正大学、西東京市の公民館、なかの生涯学習大学、勝山市の公民館、国分寺市の公民館などの全22団体が活動を発表した。

共催 東京学芸大学社会教育主事課程
   実践研究東京ラウンドテーブル実行委員会、社会教育実践研究フォーラム
   全国社会教育職員養成研究連絡協議会(社養協)
   福井大学大学院教職開発専攻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:

関連記事

  1. 学校図書館がコミュニティ空間へ 神奈川県立 田奈高校「ぴっかりカフェ」

  2. シンポ「地域に青少年の魅力ある居場所を作ろう」湯浅誠さん講演など

  3. 開催レポート:趣味・特技を生かそう「ボランティアを考える会」@東京調布

  4. 開催報告:青少年のためのインターネット利用環境づくりフォーラム@栃木

  5. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  6. 団体紹介:地球を守れ!荒川で環境保全活動する「足立区本木・水辺の会」

  7. 春の花に癒される:恵泉女学園大のオープンガーデン

  8. シンポジウム:ジオパークって何?地域で行うジオパークの活動

  9. プログラミング教育について なぜ&どうやってを学ぶ@東京町田

PAGE TOP