得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

博物館展示:家畜の飼育のあり方“アニマルウェルフェア”を考える@麻布大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 麻布大学いのちの博物館(神奈川県相模原市)は、2019年1月8日より、企画展示9「アニマルウェルフェアとは?-動物の暮らしをよくする動き-」を開催する。

クリックで拡大

<麻布大学いのちの博物館のHPより>

 「アニマルウェルフェア」とは?

 私たちは日々、スーパーで食材を買い、調理して食事をしますが、その食材の由来について考えることはあまりありません。日本人は寿司が好きですが、寿司は基本的にご飯の上に生の魚が載せてあります。その魚は海に生きる野生の魚です。

 しかし、牛肉や卵となると、野生動物ではなく、家畜です。家畜は現代の大量消費に対応するために、多数が効率的に飼育されています。生産者は収益をあげるために、できるだけ多数の家畜を、できるだけ安く育てようとするため、家畜の飼育環境が劣悪になることがあります。

クリックで拡大

 その行き過ぎの実態を明らかにしたのが1964年にイギリスで出版された「アニマル・マシーン」で、飼育家畜の飼育環境の劣悪さを告発しました。
 こうした流れは家畜の飼育のあり方に見直しを迫り、それは「アニマルウェルフェア」と呼ばれるようになりました。

 本学の動物行動管理学研究室の田中智夫教授は、我が国でいち早くこの問題を取り上げ、先駆的な研究を進めて来られました。
 今回は田中先生にご指導いただき、アニマルウェルフェアの現状や将来について紹介する企画展示となりました。

企画展示9
「アニマルウェルフェアとは?-動物の暮らしをよくする動き-」

開催期間 2019年1月8日(火)~2019年4月27日(土)
会場 麻布大学いのちの博物館
  (神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71)
  (JR横浜線「矢部駅」北口から 徒歩約5分)
 開館日時:火曜日~土曜日 10:00~16:00 (入館は15:30まで)
 休館日:月曜日、日曜日、祝日、その他大学の定める休日
入館料無料

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第18回「お金の不安」編その8「住宅ローンと生命保険の関係」

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 5歳から日本で生活している中学生の女の子を追い出そうとしている入菅。 母国に等しい日本から見捨てられる少女ー東京入管の冷血、法務省見解にも従わず(志葉玲) - Y!ニュース https://t.co/006QqHb8BE
    about 14時間 ago
  • 大地震が来ても、都市にいれば、なんとかなるって思ってませんか? 緊張感がないかも。都市防災を考える講座があります #防災食 #都市防災 #災害対策 #千葉商科大学 #丸の内 https://t.co/UKupol1gIz
    about 15時間 ago
  • ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」が開催されます。 1月31日  #SDGs #エンパブリック 2030年の社会を考えよう! https://t.co/qVLUwjOR7j
    about 1日 ago
  • 錦織さん勝ってよかったね。それにしても5時間とは(-_-;) テニスの試合は長すぎる~ いろんな用事を済ませて、ご飯食べて、お風呂に入って、まだやっていた(^^;  #錦織
    about 2日 ago
  • 認知症サポーターが活躍する“認知症カフェ”ついて学ぶ講座が、東京都調布市で開催されます。 #認知症カフェ #オレンジカフェ #認知症サポーター https://t.co/WtHYAOOUbr
    about 3日 ago