受賞作品発表!ネットやスマホの安心安全な使い方のための標語

 情報通信における安心安全推進協議会では、2018年12月1日から2019年2月28日まで、情報通信の安心安全な利用のための標語を募集した。

クリックで拡大

 個人部門で19,537点、学校部門で58点、合計19,595点の応募作品の中から、審査の結果、受賞作品が発表された。

総務大臣賞
(個人部門)
「 そのことば 打つのは自分 見るのは世界 」
 前田 優衣さん(和歌山県)

(学校部門)
 「 画面より 僕や私の 顔を見て 」
 広島県立福山葦陽高等学校 (広島県)

 総務大臣賞以外では、個人部門は、協議会長賞3点「児童部門(小学生)1点、生徒部門(中高生)1点、一般部門 1点」、PTA関連賞4点「日本PTA賞2点(日本PTA全国協議会)、全国高P連賞1点(全国高等学校PTA連合会)、全附P連賞1点(全国国立大学附属学校PTA連合会)」、ネット社会の健全な発展に向けた連絡協議会特別賞2点が選ばれた。

また、学校部門では、総務省総合通信局長賞11点が選ばれた。

 表彰作品22点の標語は広報・啓発ポスターをはじめ、全国各地で実施される各種啓発事業・行事等において幅広く活用される。 

 また、全国の学校等で開催されているe-ネットキャラバン(スマホやパソコン等のインターネットを安心安全に使うための出前講座)の中でも紹介される予定だ。

他の受賞作品はこちらへ


平成31年度「情報通信の安心安全な利用のための標語・大募集」
募集期間 2018年12月1日~2019年2月28日
主催 情報通信における安心安全推進協議会
後援 総務省、文部科学省


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 小中高校生のインターネット使用について考える研究会@東京

  2. 対話プログラム

    対話「2025年の自分と仕事を考えよう」@東京都文京区

  3. 参加者募集:シンポ「人生100年時代を豊かに活きるためのICTの可能性」@東京家政大学

  4. 東京学芸大学子ども未来フォーラム

  5. 「ネット社会の健全な発展に向けた連絡協議会シンポジウム」@東京

  6. プログラミング教育

    シニアや主婦など地域ボランティアが指導するプログラミング教育@佐賀県武雄市

  7. キッズビジネスタウンいちかわ by千葉商科大学

  8. 参加者募集:講演会「Alとロボットが作る未来社会」 シニアが主役になるロボットとは?@敬愛大学

  9. 参加者募集:指導者育成コース「子どものための安心安全スマホ教室」@仙台

PAGE TOP