得るカフェ ソーシャル情報メディア 地域活動・市民活動に関する情報 ★みんなの生活を豊かに!★

参加者募集:ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 1月31日(木)東京で、ワークショップ「2030年代を生きる子供や若者たちのために、東京でSDGsのできることって?」が開催される。

 主催は、株式会社エンパブリック(東京都文京区)

<エンパブリックのHPより>
 SDGsは2030年に「誰一人取り残されない世界」を実現することをゴールとしていますが、何より大切なのは、2030年代、40年代がサステナブルな世界となっていることです。
 その時代に社会の主役となる今の子どもや若者たちが「日本も世界も未来は明るい!」と思える明日をつくるには、何が大切なのでしょうか。SDGsの17ゴールを切り口に、今、私たちは何を伝え、何を共に考えることが必要なのか、一緒に考えませんか?

 本ワークショップでは、SDGsの17ゴールが、東京の子どもや若者にとってどのような意味があるのか考え、中長期的にどのような変化が起きるといいか、その実現へのヒントになるアクションや取組みは何か、それを新しい世代にどのように伝え、広げていけばいいか、参加者の経験や知恵を持ち寄って考えていきます。

 東京が、子どもや若者にとって未来のある持続可能な都市となるために、私たちの手で何ができるか、何から始めていけばいいか、
2030年代、40年代に向けて、今、始められることを共に考えましょう!

 2030年代を生きる子供や若者たちのために、東京でSDGsのできることって?
日時 2019年1月31日(木) 18:45~21:30
会場 シティラボ東京
   (東京都中央区京橋3丁目1-1 )
    東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口直結
参加費(一般) 3,800円
参加費(学生) 2,000円

プログラム
1.イントロダクション
 ・2030年代に向けて、今、できることは?
   広石拓司(エンパブリック代表)

 ・子ども・若者の未来を拓くためのSDGsの活かし方
   佐藤真久(東京都市大学 環境学部教授)

 ・SDGsの問う世界の問題・日本の問題
   星野智子(一般社団法人環境パートナーシップ会議 副代表理事)

2.対話「子どもや若者に伝えたい”2030年代の明るい未来”は?」

4.対話「今、多くの人たちと何を分かち合うといいだろう?」

5.ふりかえり&これからのアクションを考える

申し込み&詳細はこちらへ

Similar Posts:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

第21回「お金の不安」編その11自助努力のそなえ

自分の子はなぜかわいい?

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 映画&講演会:「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~」@鎌倉 軍事予算を社会福祉に充てて、国民の幸福度を上げた国のドキュメント! 4月27日 #関根健次  #SDGs  #国際平和映像祭
    about 2時間 ago
  • カレーライスを本当に手作りするプロジェクト第2回「バジル・トマトを植えてみよう」@大阪 5月1日。連休はお金をかけず、楽しめるイベントもあるよ。近かったら参加したかったなあ。 #環境 #農業体験… https://t.co/NozsHGw23v
    about 21時間 ago
  • 参加者募集:「看護フェスタ2019」測定コーナー、健康相談など@聖徳大学、千葉県松戸市 測定コーナー、高機能患者ロボット体験、健康相談も #健康づくり #骨の健康  #健康相談 https://t.co/afea4Z6I4v
    about 2日 ago
  • ルパン三世、大好きなマンガだった。特に最初のシリーズがよかった。 峰不二子は、ミック・ジャガーの昔の恋人、マリアンヌ・フェイスフルがモデルなんだよね。 #ルパン三世
    about 3日 ago
  • 参加者募集:読み聞かせフェスティバル、東京府中 #絵本交換会 #読み聞かせ #工作 #府中市市民活動センタープラッツ https://t.co/C7vM1mU31f
    about 3日 ago