参加者募集:ワークショップ「東京でSDGsのできることって?」

 1月31日(木)東京で、ワークショップ「2030年代を生きる子供や若者たちのために、東京でSDGsのできることって?」が開催される。

 主催は、株式会社エンパブリック(東京都文京区)

<エンパブリックのHPより>
 SDGsは2030年に「誰一人取り残されない世界」を実現することをゴールとしていますが、何より大切なのは、2030年代、40年代がサステナブルな世界となっていることです。
 その時代に社会の主役となる今の子どもや若者たちが「日本も世界も未来は明るい!」と思える明日をつくるには、何が大切なのでしょうか。SDGsの17ゴールを切り口に、今、私たちは何を伝え、何を共に考えることが必要なのか、一緒に考えませんか?

 本ワークショップでは、SDGsの17ゴールが、東京の子どもや若者にとってどのような意味があるのか考え、中長期的にどのような変化が起きるといいか、その実現へのヒントになるアクションや取組みは何か、それを新しい世代にどのように伝え、広げていけばいいか、参加者の経験や知恵を持ち寄って考えていきます。

 東京が、子どもや若者にとって未来のある持続可能な都市となるために、私たちの手で何ができるか、何から始めていけばいいか、
2030年代、40年代に向けて、今、始められることを共に考えましょう!

 2030年代を生きる子供や若者たちのために、東京でSDGsのできることって?
日時 2019年1月31日(木) 18:45~21:30
会場 シティラボ東京
   (東京都中央区京橋3丁目1-1 )
    東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口直結
参加費(一般) 3,800円
参加費(学生) 2,000円

プログラム
1.イントロダクション
 ・2030年代に向けて、今、できることは?
   広石拓司(エンパブリック代表)

 ・子ども・若者の未来を拓くためのSDGsの活かし方
   佐藤真久(東京都市大学 環境学部教授)

 ・SDGsの問う世界の問題・日本の問題
   星野智子(一般社団法人環境パートナーシップ会議 副代表理事)

2.対話「子どもや若者に伝えたい”2030年代の明るい未来”は?」

4.対話「今、多くの人たちと何を分かち合うといいだろう?」

5.ふりかえり&これからのアクションを考える

申し込み&詳細はこちらへ

関連記事

  1. 参加者募集:コロナ後の社会を考えるオンラインシンポジウム、昭和女子大

  2. セミナーレポート:小水力発電等のインフラで稼ぐ地域再生(和歌山県有田川町)

  3. 「大阪自然史フェスティバル2017」@大阪市立自然史博物館

  4. 里山と暮らす応援講座~週末は、里山へ帰ろう!~@大阪

  5. 開催報告:親子で楽しんだ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」@麻布大学いのちの博物館

  6. 参加者募集:子どもたちの給食を有機食材にする全国集会(オン&オフ)

  7. 参加者募集:「防災ゲーム」住みつづけられるまちづくり@大阪

  8. イベント情報:里山の暮らし、風土に根差した学びの場を体験@大阪府南河内郡

  9. 緑地保全

    緑地保全活動をしている団体の交流会@東京都八王子

PAGE TOP