書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

 誰もが元気で長生きして、あまり苦しまずに逝く「ピンピンコロリで大往生」を望んでいます。

 そのためにも知っておきたいのが、ロコモティブシンドローム(運動器症候群、略称ロコモ)対策。

 “得る”Cafe事務局メンバーでもある阿部佳代子さんが編集した書籍「人生100年、自分の足で歩く──寝たきりにならない方法教えます」(かじやますみこ著)では、ロコモ対策がわかりやすく解説されています。

 同書は、簡単にできるロコモ予防のトレーニング、さらに日常の「立つ、歩く、坐る、寝る」を見直す方法を指南しています。
 日常の姿勢などを見直すことからロコモ予防は始まる!

 阿部さんに、重要な3つのポイントをあげてもらいました。

1、ロコモをわかりやすく解説

 健康長寿を阻害する最大の要因、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)について、よく理解できる内容になっています。
 この分野の第1人者により、最新の疫学調査などのエビデンスなどをもとに、病気のメカニズムや予防について、わかりやすく丁寧に説明いただいているので、読者の方に、説得力や信頼感も感じていただけると思います。

2、すぐできる筋トレを紹介

 ロコモの予防について、負担のないやり方をご紹介しています。
 ロコモ予防の中で最も大切なのは軽い筋トレですが、これだけ実施すれば大丈夫というものに絞り込んで紹介しているので、どなたでも短時間で簡単にでき、継続して実施することで効果を上げることができると思います。

3、「立つ、歩く、坐る、寝る」方法を知る

 これがこの本の最もユニークな点ですが、ロコモの予防という観点から、「立つ」「歩く」「坐る」「寝る」の毎日の基本的な動作の正しい姿勢や方法について、それぞれの専門家に教えていただいています。
 特に毎日、最も時間を費やしている睡眠時の正しい姿勢、それを支える枕とロコモの関係は、目から鱗ものです。

書籍「人生100年、自分の足で歩く──寝たきりにならない方法教えます」
かじやますみこ著 
単行本(ソフトカバー)248ページ
出版社 プレジデント社
定価 1300円 + 税

詳細はこちらへ

関連記事

  1. サッカーフェスティバル2017「ブラインドサッカーを体感する」@立正大学

  2. 世界難民の日:募金つきオンラインシアターUNHCR WILL2LIVE Cinema 2020

  3. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  4. 参加者募集:命をつなぐ音楽と食のコラボレーション@東京中目黒

  5. 介護福祉スポーツ

    楽しみながら福祉や介護に触れるイベント「UMEKITAスポーツフェス」@大阪

  6. 参加者募集:市民公開講座「認知症はこわくない」@東京多摩市

  7. 参加者募集:ストレスに負けず幸せに!幸福学を学ぶ@東京足立

  8. 山木戸先生の初書籍「心の転職 ピンチから抜け出せ」

  9. 世界環境デー月間6月・環境に関する映画の上映キャンペーン

PAGE TOP