開催報告:春休み子ども教室「粘土で動物をつくろう」@麻布大学

 麻布大学いのちの博物館(相模原市中央区淵野辺)では、春休み子ども教室「~粘土で動物をつくろう~」を3月26、27日開催した。

 2日間とも、予想を上回る申しこみがあり、枠を拡大して、35名が参加した。
 今回、乾くと石膏のように硬くなる「石粉粘土」を使用した。紙粘土よりも、色鉛筆や絵の具で色をつけるのに向いている。

 教室では、この粘土でフクロウの人形作りを行った。学生グループ「ミュゼット」の学生2人も手伝った。

(写真提供 麻布大学いのちの博物館 )

詳細はこちらへ


~粘土で動物をつくろう~
日時 2019年3月26日(火)、27日(水)
 10:00~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 (相模原市中央区淵野辺1-17-71)
対象 小学生
参加費無料

以下の中から好きな動物を作る!

クリックで拡大

★麻布大学いのちの博物館について
紹介記事はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 人を「本」に見立てて読書するイベント&暗闇カフェ@明大中野

  2. スプリングフェスティバル「平和の手紙を届けよう!」恵泉女学園大学

  3. 開催報告:産官民学連携の子ども向けイベント「つながる、見えるサイエンス」@神奈川県相模原市

  4. 開催レポ:セミナー「安心して暮らすための介護医療連携と街づくり」@埼玉県立大学

  5. カナエール「夢スピーチコンテスト」

    レポ:児童養護施設からの進学を応援するカナエール 夢スピーチコンテスト@東京

  6. 開催報告:ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」@麻布大学

  7. 開催報告:ネット被害の防止を考えるシンポジウム@東京

  8. シンポ「地域に青少年の魅力ある居場所を作ろう」湯浅誠さん講演など

  9. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアー その2

PAGE TOP