開催報告:春休み子ども教室「粘土で動物をつくろう」@麻布大学

 麻布大学いのちの博物館(相模原市中央区淵野辺)では、春休み子ども教室「~粘土で動物をつくろう~」を3月26、27日開催した。

 2日間とも、予想を上回る申しこみがあり、枠を拡大して、35名が参加した。
 今回、乾くと石膏のように硬くなる「石粉粘土」を使用した。紙粘土よりも、色鉛筆や絵の具で色をつけるのに向いている。

 教室では、この粘土でフクロウの人形作りを行った。学生グループ「ミュゼット」の学生2人も手伝った。

(写真提供 麻布大学いのちの博物館 )

詳細はこちらへ


~粘土で動物をつくろう~
日時 2019年3月26日(火)、27日(水)
 10:00~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 (相模原市中央区淵野辺1-17-71)
対象 小学生
参加費無料

以下の中から好きな動物を作る!

クリックで拡大

★麻布大学いのちの博物館について
紹介記事はこちらへ

関連記事

  1. 開催報告:まちを面白がるイベント「まち・ひと・さんぽ」@横浜市青葉区

  2. 絵本・紙芝居の読み聞かせボランティア@東京都調布市

  3. 開催報告:子ども教室-シカ・タヌキの骨に触ったり描いたり@麻布大学いのちの博物館

  4. レポート:障害特性をアートに換えて生きる@東京銀座

  5. 追悼:子どもを持つがん患者のコミュニティを作ったキャンサーペアレンツの西口さん

  6. 開催報告:SDGsってなに?買物から社会を変える@大阪

  7. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアー その2

  8. 開催報告:講演・定年後、オリーブ栽培&レストラン経営で都市農村交流 @熊本県荒尾市

  9. シンポジウム:スポーツと国際貢献を考える「競うこと」「つながること」の先へ@成蹊大学

PAGE TOP