開催報告:春休み子ども教室「粘土で動物をつくろう」@麻布大学

 麻布大学いのちの博物館(相模原市中央区淵野辺)では、春休み子ども教室「~粘土で動物をつくろう~」を3月26、27日開催した。

 2日間とも、予想を上回る申しこみがあり、枠を拡大して、35名が参加した。
 今回、乾くと石膏のように硬くなる「石粉粘土」を使用した。紙粘土よりも、色鉛筆や絵の具で色をつけるのに向いている。

 教室では、この粘土でフクロウの人形作りを行った。学生グループ「ミュゼット」の学生2人も手伝った。

(写真提供 麻布大学いのちの博物館 )

詳細はこちらへ


~粘土で動物をつくろう~
日時 2019年3月26日(火)、27日(水)
 10:00~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 (相模原市中央区淵野辺1-17-71)
対象 小学生
参加費無料

以下の中から好きな動物を作る!

クリックで拡大

★麻布大学いのちの博物館について
紹介記事はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. レポート「地域創造フェスティバル2016」文化・芸術で地域づくりを @東京芸術劇場

  2. 団体紹介:「生」と「性」を子どもたちに教える助産師グループOHANA

  3. 開催報告:セミナー「めざそう空き家ゼロ」の農山漁村の活動から学ぶ/岐阜県恵那

  4. 活動情報:仲間たちと「哲学カフェ」開催!@東京町田

  5. バリアフリーマップ作りは、人も地域も幸せにする@東京中野

  6. オーライ!ニッポン大賞表彰式、養老孟司代表が講演@東京

  7. 開催報告:講演・大阪から離島へ移住。島の魅力発掘をなりわいに!

  8. 多様な人が新しい空間を創造するWorkshop@横浜美術館

  9. 開催報告:映画上映会「ホームスイートホーム」&回想法入門@埼玉県春日部

PAGE TOP