開催報告:春休み子ども教室「粘土で動物をつくろう」@麻布大学

 麻布大学いのちの博物館(相模原市中央区淵野辺)では、春休み子ども教室「~粘土で動物をつくろう~」を3月26、27日開催した。

 2日間とも、予想を上回る申しこみがあり、枠を拡大して、35名が参加した。
 今回、乾くと石膏のように硬くなる「石粉粘土」を使用した。紙粘土よりも、色鉛筆や絵の具で色をつけるのに向いている。

 教室では、この粘土でフクロウの人形作りを行った。学生グループ「ミュゼット」の学生2人も手伝った。

(写真提供 麻布大学いのちの博物館 )

詳細はこちらへ


~粘土で動物をつくろう~
日時 2019年3月26日(火)、27日(水)
 10:00~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 (相模原市中央区淵野辺1-17-71)
対象 小学生
参加費無料

以下の中から好きな動物を作る!

クリックで拡大

★麻布大学いのちの博物館について
紹介記事はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催報告:SDGsってなに?買物から社会を変える@大阪

  2. バリアフリーマップ作りは、人も地域も幸せにする@東京中野

  3. 団体紹介:「生」と「性」を子どもたちに教える助産師グループOHANA

  4. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  5. シンポ「地域に青少年の魅力ある居場所を作ろう」湯浅誠さん講演など

  6. 映画「三沢川いきものがたり」完成試写会&散策@東京稲城市

  7. 保護中: SDGs12 エシカル消費を考え体験するイベント@千葉商科大学

  8. 開催報告:講演「ペットと快適に暮らすお部屋について」@東京稲城

  9. スポーツと健康の関係、ヘルスプロモーションとは@東洋大学

PAGE TOP