映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

 厚生労働省発表の「子供の相対的貧困率」は16.3%に上り、6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われている。
 そんな子どもたちの拠り所となる“子ども食堂”が、地域の新たなコミュニティの場として全国各地に広がっている。

 「こども食堂」をテーマにした映画「こどもしょくどう」が全国で公開されている。

 藤本哉汰と鈴木梨央がダブル主演をつとめ、子どもの目線から現代社会の貧困問題を描いている。
 「火垂るの墓」「爆心 長崎の空」の日向寺太郎が監督を、脚本には「百円の恋」「14の夜」の足立紳が参加している。

予告編はこちらへ

映画「こどもしょくどう」
日向寺太郎監督
2018年、日本、93分
配給 パル企画

上映情報など、詳細はこちらへ 

Similar Posts:

関連記事

  1. 開催間近:夏休みコマ撮りアニメ教室で「21世紀型スキル」を学ぶ@川崎市

  2. 第3回 全国中高生「世界子どもの日」 映像スピーチコンテスト

  3. 映画の市民上映会でコミュニティづくり

  4. 東京都市大学

    「小・中学生のための科学体験教室」を開催 by東京都市大学

  5. 貧困・不登校などで孤立した子どもを支援する「kukulu(ククル)」@沖縄県那覇市

  6. 参加者募集:子育てママのチャレンジを応援する集まり@東京稲城

  7. 創価大学「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として映画「シリアに生まれて」を上映

  8. バリアフリーベビーカー

    「子育ち・子育てバリアフリー教室」@千葉県松戸市

  9. 全国外大連合の学生が、平昌オリンピックにボランティアとして参加

PAGE TOP