映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

 厚生労働省発表の「子供の相対的貧困率」は16.3%に上り、6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われている。
 そんな子どもたちの拠り所となる“子ども食堂”が、地域の新たなコミュニティの場として全国各地に広がっている。

 「こども食堂」をテーマにした映画「こどもしょくどう」が全国で公開されている。

 藤本哉汰と鈴木梨央がダブル主演をつとめ、子どもの目線から現代社会の貧困問題を描いている。
 「火垂るの墓」「爆心 長崎の空」の日向寺太郎が監督を、脚本には「百円の恋」「14の夜」の足立紳が参加している。

予告編はこちらへ

映画「こどもしょくどう」
日向寺太郎監督
2018年、日本、93分
配給 パル企画

上映情報など、詳細はこちらへ 

関連記事

  1. 開催報告:地域福祉から見える貧困の現状@東京都足立区

  2. 老い、介護、認知症…を描くインド映画「あるがままに」上映会@東京外語大

  3. 人生の豊かさとは?老夫婦の生活から見つめ直す映画「人生フルーツ」

  4. 映画予告オンライントークイベント:多発性硬化症の女性をモデルにした映画について

  5. 9~10月、東京、札幌、名古屋で「難民映画祭2018」by UNHCR

  6. 「ココロの学校」カンボジアで地雷除去支援するNPOの講演@大阪国際大和田中学

  7. ブログ「おはなしワクチン」:親の心配の先には何がある?

  8. 参加者募集:<オンライン>ファザーリング・全国フォーラムinみやざき

  9. 三角スプーン、渋谷代官山のショップで期間限定販売!

PAGE TOP