参加者募集:災害時の連携を考える全国フォーラム@東京

 第4回 災害時の連携を考える全国フォーラムが5月21日、22日に東京で開催される。

 同フォーラムは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げている。

 災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出すことを目指している。

 オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している

主催:全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
共催:内閣府政策統括官(防災担当)
   災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

5月21日
オープニングセッション
「災害支援のあるべき連携の姿~南海トラフ地震の甚大な被害に対して支援の備えはできているか?~」

分科会1回目
1:三者連携は、どこまで進んだか
 ~何ができて、何ができていないか~
2:災害ボランティアセンターの多様な支援活動と課題について
 ~地域主体の切れ目のない支援につなげていくために~
3:災害時の外国人支援
 ~これまでの取組と今後の課題~
4:生活再建支援を見据えた福祉専門職によるアセスメント
 ~災害ケースマネジメントに基づく支援のために~
5:命と尊厳が守られる避難生活を考える①
 ~最初の一歩編~
6:支援物資を届けるための組織間連携①
 ~全体のしくみ必要な課題とは?について考える~
7:災害時の法制度と相談のあり方について被災者の生活再建に
 ~相談現場からみえてくるもの~

分科会2回目
8:命と尊厳が守られる避難生活を考える②
 ~連携・協働編~
9:家屋の復旧・再生・解体による地域復興への影響
 ~技術系NPOと行政・災害VCとの連携の効果~
10:災害時の福祉支援の現状と連携・支援方策
11:頻発する災害、被災地の様々な社会課題に対する企業の対応を考える
12:今さら聞けない国際基準 ~スフィアって何?~
13:多様な組織を巻き込む情報共有会議のあり方

5月22日
全体セッション
「大規模災害に備えた地域のネットワーク」

第3分科会
14:災害復興において担い手はいかに生まれてきたか
 ~東日本大震災の経験から~
15:災害廃棄物の対応における技術系NPOと行政・災害VCとの連携
16:頼れる宗教系団体との被災地支援における長期的な協働について
17:いざという時どうなる?あなたの食と栄養
18:災害ケースマネジメントの展開と課題
 ~鳥取県中部地震の取り組みから~
19:災害対応で使える地図データ、地図システム
20:支援物資を届けるための組織間連携②
 ~官民の情報共有・連携について考える~

クロージングセッション/閉会の挨拶
「都道府県域ネットワークの進捗と今後の課題


第4回 災害時の連携を考える全国フォーラム
 2019年5月21日(火) 13:00~18:30(交流会 19:00~20:30)
 2019年5月22日(水) 9:00~15:00
会場 国際ファッションセンター 3階 KFCホール
   (東京都墨田区横網1-6-1、都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出口に直結)
定員 300人
フォーラム参加費
 2日間   10,000円 
 (交流会費 5,000円)
 1日のみ 7,000円
申し込み締切り 2019年5月7日(火)
*宿泊案内あり

申し込み&詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:食品ロスを考える/“食べ切れなかった食品を地域でシェア”する 料理会(東京調布市)

  2. 参加者募集:森林里山保全活動に関するシンポジウム@栃木

  3. 参加者募集:講演「東京大震災-首都崩壊、生活破壊をどう防ぐか」@東京

  4. 参加者募集:公開講座・エシカル消費について学ぶ@東京丸の内

  5. 企業と環境NPOの協働セミナー@大阪

  6. 指定都市市長会シンポジウム

    指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」

  7. 平和のための開発教育セミナーby京都YMCA

  8. すみだ耐震補強フォーラム2017@東京都墨田区

  9. 「防災減災に強いまちづくりを学ぶ」講座@横浜

PAGE TOP