活動報告:すぷうんおばちゃん、日本保育学会で発表@大妻女子大

 「すぷうんおばちゃん」こと飯塚広美さんから、活動報告が届きました。

大妻女子大学にて


 5月4日(土)、大妻女子大学(東京都千代田区三番町12)で行われた日本保育学会第72回大会にて、試作プラスチック三角スプーンでの検証実験の結果をポスター発表してきました。
 昨年度、藤枝、焼津、島田、静岡、東京の保育園10園に協力していただき、論文化したものです。

 「5才児における三角スプーン使用前後の筆記具の持ち方について」です。

三角スプーン使用後、正しく鉛筆を持つ5才児の割合が約2割から6割に増えた! クリックで拡大

 わざわざ、時間前に質問に来てくださった保育園の園長先生など、ご好評をいただきました。
 論文作成にあたり、ご協力いただいた皆様のおかげです。ありがとうございます。

 「商品として売っているか?」のお声もいただきました。商品化に向け、努力していきたいと思います。」

持ち方を説明する

説明する飯塚さん

(写真提供:飯塚広美さん)
すぷうんおばちゃんの記事はこちらから
一般社団法人 日本保育学会のHP


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 「いじめ」の現状、いじめる側の心理、対処法を考えるシンポジウム@聖学院大学

  2. あだち子ども未来応援円卓会議@東京都足立区

  3. “こどもの想像×大人の本気”イベント「こども美術館」@東京都江東区

  4. 千葉商科大学と企業が連携して丸の内キッズアカデミー@東京丸の内

  5. 地域の居場所づくりサミット「食を通して育む“みらいを生きる力”」@東京

  6. ブログ「おはなしワクチン」:親の心配の先には何がある?

  7. 子どもたちが「感じる」「考える」「表現する」を体験するワークショップ

  8. 参加者募集:シンポ「高校生による“まちづくり”プレゼン&ディスカッション@神奈川県相模原

  9. 大学と地域が連携して開催:子どもたちが社会の仕組みを学ぶイベント

PAGE TOP