世界環境デー月間6月・環境に関する映画の上映キャンペーン

 6月5日は世界環境デー!

 気候変動、海洋汚染、森林破壊・・・、環境破壊によって地球のあちこちで大きな影響が出始めていると言われてはや数十年、エネルギー、ダム、水、森林、海をテーマに様々な課題へのサスティナブル(持続可能)な解決策を求めて行動する人々がいる。

 6月を「世界環境デー月間2019全国上映一斉キャンペーン!」として、環境問題にさまざまな形で取り組む人々を描く映画を安価で上映できるキャンペーンが行われる。

 ユナイテッドピープル(福岡市)が配給・取扱ってきた5作品が対象作品となっている。

【キャンペーン期間:2019年6月1日~6月30日】
 すでに全国で上映会が予定されている。上映情報はこち

【対象作品】
『パワー・トゥー・ザ・ピープル』予告編
『ELEMENTAL』予告編
『最後の楽園コスタリカ』予告編
『ダムネーション』予告編
『ZAN』予告編

◎「世界環境デー月間」キャンペーンライセンス・・・
  各作品: 最低保障料金1万円(税別) 
  ※通常料金3~5万円(税別)

※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)
※1日毎に料金が発生する。
※同日、同会場(同敷地内)であれば、1日の間で何度でも上映可能。
※入場料(参加費)の有無に関わらず、動員人数で上映料金を精算する。

★2015年に国連で採択された、持続可能な社会をつくるために世界が一致して取り組むべきビジョンや課題、SDGs(持続可能な開発目標)環境省によると、17のゴールのうち、少なくとも12のゴールが環境に関連している。

申し込み&詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 参加者募集:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会

  2. 地域連携映画

    日本映画大学による地域連携映画上映会@山梨県西八代郡

  3. 映画「ソニータ」国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン

  4. 開催レポ:映画監督vs学長 SDGs「気候変動」対談@千葉商科大学

  5. 書籍「学校に居場所カフェをつくろう!」&イベント・講演情報

  6. 創価大学「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として映画「シリアに生まれて」を上映

  7. 2019年アクセス数1位!映画「シード~生命の糧~」種子の支配による環境破壊を考える

  8. 9~10月、東京、札幌、名古屋で「難民映画祭2018」by UNHCR

  9. 書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

PAGE TOP