映画紹介:20世紀中に種の94%が消滅。種子の支配による環境破壊について考える映画「SEED」

 SDGs(持続可能な開発目標)が注目されているが、実は、身近なところに大きな問題がある。

クリックで拡大

 毎日食べる野菜をつくために必要なのが種。20世紀中に種の94%が消滅。種子の多様性が失われている!

 なぜ種が消滅したのか?
 
 気候変動と、グローバルな大企業が種子市場を独占していることが大きな要因になっている。

 効率化、そして金儲けのために、種の多様性は失われている。

 映画「SEED」は、種子の支配による環境破壊と全体主義的な支配の進行という、人類史的な危機の赤裸々に描いたドキュメンタリー。

クリックで拡大

 6月29日の東京渋谷のシアター・イメージフォーラムを皮切りに、神奈川、大阪、愛知、全国で上映スタート!

*第 70 回エミー賞ノミネート作品(環境ドキュメンタリー部門)
*世界47か国で1000回以上、上映されている。

『シード ~生命の糧~』
監督:タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ
配給:ユナイテッドピープル
2016 年/アメリカ/94 分

予告編(YouTube)

映画「SEED」オフィシャルサイト


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:セミナー「ダイバーシティ×防災」@広島県福山市

  2. 特別公開講座「横浜学」防災を考える@関東学院大学

  3. 気候変動の教育プログラムを学ぶ byエコネット近畿

  4. 開催報告:地球温暖化を考えるフィルム上映や意見交換@東京調布

  5. しんじゅく防災フェスタ2016@東京都新宿区

  6. 全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」@同志社大学

  7. 参加者募集:親子向け夏休み企画「みつばちの学校」@東京調布

  8. 参加者募集:小さなフードバンク「無料スーパー」体験ツアー@東京多摩

  9. 参加者募集:「防災ゲーム」住みつづけられるまちづくり@大阪

PAGE TOP