開催レポ:講座「多文化社会におけるアートのチカラ」@東京藝大

 東京藝術大学で、アートを通じた外国人との関わりを考える全5回の講座が開催された。

 最近では、大勢の外国人が日本で暮らしている。それでも、うまく共生できている地域や人は多くはないだろう。

 この講座を企画したのは、外国人と共にユニークな芸術実践を展開してきた「イミグレーション・ミュージアム・東京」(東京都足立区)。
 さまざまな「表現」を試みるゲストと共に、多文化社会におけるアートの可能性を話し合った。

2019年9月2日追記
NPO法人音まち計画の楊淳婷さん(Yang Chunting)による
開催レポートが、公式サイトにアップされました。

レポートはこちらへ


「多文化社会におけるアートのチカラ」
定員 第1回、第2回 40名(先着順・事前申込優先)
   第3回 100名 (先着順・事前申込優先)
入場無料

会場 東京藝術大学 千住キャンパス(東京都足立区千住 1-25-1)
   北千住駅西口より徒歩約5分
  (JR常磐線 / 東京メトロ千代田線・日比谷線 / 東武スカイツリーライン / つくばエクスプレス)

講座概要
第1回 “遅れてきた移民国家”における不可視な外国人たち(トークイベント)
日時 2019年7月27日(土)13:30~16:00
登壇者 望月優大(「ニッポン複雑紀行」編集長)
 岩井成昭(美術家、イミグレーション・ミュージアム・東京 主宰)

第2回 表現者としての在日朝鮮人たち(トークイベント)
日時 2019年7月28(日)13:30~16:00
登壇者 ハン・トンヒョン(社会学者、日本映画大学准教授)
 李晶玉(アーティスト)

第3回 『Journey to be continued-続きゆく旅-』
 (ドキュメンタリー映画上映会&トークイベント)
日時 2019年9月14日(土)13:30~16:30
登壇者 滝朝子(NPO法人ARDA事務局長)
 岩井成昭(美術家、イミグレーション・ミュージアム・東京 主宰)

第4回、第5回 後日ウェブサイトにて公開
 
詳細はこちらへ

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、東京藝術大学音楽学部・大学院国際芸術創造研究科、特定非営利活動法人音まち計画、足立区
共催(第3回):特定非営利活動法人芸術資源開発機構(ARDA)
2019 年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 「多文化子ども教育フォーラム」日本で暮らすムスリムの子どもたち@静岡県浜松市

  2. 女子高校生が、自主的にバリアフリー地図作り@東京目黒区

  3. 外国人問題セミナー「移住女性30年の歴史と現在」@東京

  4. セミナー「多様化する留学生と日本の国際貢献」@JICAプラザ東北

  5. フィリピンと日本の青少年向け演劇ワークショップ@岐阜県可児市

  6. はままつグローバルフェア開催@静岡県浜松市

  7. 「『ドキュメンタリー演劇』の挑戦」

    書籍紹介:多文化共生プロジェクト「『ドキュメンタリー演劇』の挑戦」@岐阜県可児市

  8. 開催報告:悠々ホルンさん講演「『たすけて』を言えない子ども達、気付かない大人達」@東京足立

  9. シンポジウム:“マイノリティの子ども”について考える@文京学院大学

PAGE TOP