映画『1日1ドルで生活』を割引価格で上映できるキャンペーン

 

 映画『1日1ドルで生活』国際ガールズ・デー全国上映キャンペーンが行われている。

 国連が制定した国際ガールズ・デー(10月11日)に合わせて、10月中の上映なら同作品の上映最低保証料金50,000円が40,000円(税別)になる。

映画『1日1ドルで生活』予告編はこちらへ


映画『1日1ドルで生活』の概要
 アメリカの若者4人がグアテマラの田舎に行き、1日1ドルの生活を体験。さまざまな困難に耐えながら約2か月を過ごす。彼らにとっては大変な試練だが、現実には世界で約11億人の人が1日1ドルで生活している。
 そして、4人の前に現地の若い女性と12歳の少年が現れて、希望を与えていく。

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
配給:ユナイテッドピープル
2013年/アメリカ/56分


★SDGs(持続可能な開発目標)の1番目は「貧困をなくそう」。
 この映画には、極貧状態のグアテマラの人々が登場する。先進国で生きていると分かりにくい、貧困問題について考えさせる内容となっている。

『1日1ドルで生活』国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン 上映料金
1日ライセンス・・・最低保障料金 50,000円(税別)
10月中の上映なら本作の上映最低保証料金が40,000円(税別)
※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)。
※1日毎に料金が発生する。

主催:ユナイテッドピープル株式会社
協力:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

詳細はこちら


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 平和のための開発教育セミナーby京都YMCA

  2. 参加者募集:森林里山保全活動に関するシンポジウム@栃木

  3. 講演会「変化する地球を診断する」@獨協大学

  4. 参加者募集:災害時の連携を考える全国フォーラム@東京

  5. 大学が近隣住民と災害避難訓練「防災フェスタ2017」@大阪

  6. 日中環境問題サロン2016@大阪市

  7. 参加者募集:“甘い”果実の苦い真実~フィリピンからの訴え@東京&京都

  8. 「大阪自然史フェスティバル2017」@大阪市立自然史博物館

  9. 木育サミットin江東区(東京都)

PAGE TOP