映画『1日1ドルで生活』キャンペーン!全国上映情報

 

 2019年10月、映画『1日1ドルで生活』国際ガールズ・デー全国上映キャンペーンが行われる。

 国連が制定した国際ガールズ・デー(10月11日)に合わせて、10月中の上映なら同作品の上映最低保証料金50,000円が40,000円(税別)になる。

★全国各地で、上映会が予定されている。
上映情報はこちらへ

映画『1日1ドルで生活』予告編はこちらへ


映画『1日1ドルで生活』の概要
 アメリカの若者4人がグアテマラの田舎に行き、1日1ドルの生活を体験。さまざまな困難に耐えながら約2か月を過ごす。彼らにとっては大変な試練だが、現実には世界で約11億人の人が1日1ドルで生活している。
 そして、4人の前に現地の若い女性と12歳の少年が現れて、希望を与えていく。

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
配給:ユナイテッドピープル
2013年/アメリカ/56分


★SDGs(持続可能な開発目標)の1番目は「貧困をなくそう」。
 この映画には、極貧状態のグアテマラの人々が登場する。先進国で生きていると分かりにくい、貧困問題について考えさせる内容となっている。

『1日1ドルで生活』国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン 上映料金
1日ライセンス・・・最低保障料金 50,000円(税別)
10月中の上映なら本作の上映最低保証料金が40,000円(税別)
※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)。
※1日毎に料金が発生する。

主催:ユナイテッドピープル株式会社
協力:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

詳細はこちら


 

関連記事

  1. たけのこ狩り

    山一日留学‐楽しくタケノコ掘り@栃木

  2. 「防災減災に強いまちづくりを学ぶ」講座@横浜

  3. 公開中:食品ロスを考える映画「もったいないキッチン」

  4. 活動紹介:ゴミ拾いはスポーツだ「スポGOMI大会」

  5. 6月20日世界難民の日:UNHCRがオンライン音楽イベントを開催

  6. 支援者募集:エコなトレーラーハウスをみんなで作る

  7. 参加者募集:講座「自然エネルギー100%大学を目指す取り組みについて」@千葉商科大学

  8. 参加者募集:夢を実現しよう!女性の起業を応援する講座@埼玉県さいたま市

  9. 気候変動の教育プログラムを学ぶ byエコネット近畿

PAGE TOP