開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

 麻布大学いのちの博物館の企画展示「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界」展の併設セミナー6が、同博物館(神奈川県相模原市)で9月14日に開催された。

 3Dプリンターで作られた本物そっくりの動物の骨、その頭、顎の形などに、実際に触ったり、動かしたりして動物の体について学んだ。
 講師は、国立科学博物館の森健人先生。


2019年9月27日追記

3Dプリントの動物の骨格模型について学ぶ

ハンズオンコーナーで展示中の3Dプリント標本に触れた(写真:麻布大学いのちの博物館)

 講師の森先生は、フォトグラメトリーという技術を3Dプリントに応用し、動物の骨格のレプリカ模型を作製している。

 講演では、森先生が解剖学を志した理由や、博物館や標本を身近に感じてもらうための活動(居酒屋博物館、路上博物館など)についても紹介した。

 さらに、本物の骨格標本と、ほぼ完璧に再現できる3D標本の違いや可能性についての話もあった。

 講演の後、参加者は実際に、展示中の3Dプリント標本を触って、その特徴などを確認した。


クリックで拡大

いのちの博物館セミナー6
「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界ー」
日時 2019年9月14日(土) 10:30~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
 JR横浜線矢部駅 徒歩5分
参加者 11人(小学生を含む)
参加費無料

★麻布大学いのちの博物館の施設紹介はこちらへ


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 人を「本」に見立てて読書するイベント&暗闇カフェ@明大中野

  2. 食の豊かさ、その裏にあるものとは? 食の安全を考えるフォーラム@大東文化大学

  3. 開催報告:子どもを取り巻く問題について学ぶ「Child Issue Seminar」@大阪

  4. 参加者募集:明智光秀について学ぶ講座@東京足立

  5. アート交流

    アートで多様な人と交流するワークショップ@神戸

  6. 開催報告:産官民学連携の子ども向けイベント「つながる、見えるサイエンス」@神奈川県相模原市

  7. レポート:障害特性をアートに換えて生きる@東京銀座

  8. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  9. 参加者募集:傾聴バーテンダー養成講座@神奈川県藤沢

PAGE TOP