開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

 麻布大学いのちの博物館の企画展示「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界」展の併設セミナー6が、同博物館(神奈川県相模原市)で9月14日に開催された。

 3Dプリンターで作られた本物そっくりの動物の骨、その頭、顎の形などに、実際に触ったり、動かしたりして動物の体について学んだ。
 講師は、国立科学博物館の森健人先生。


2019年9月27日追記

3Dプリントの動物の骨格模型について学ぶ

ハンズオンコーナーで展示中の3Dプリント標本に触れた(写真:麻布大学いのちの博物館)

 講師の森先生は、フォトグラメトリーという技術を3Dプリントに応用し、動物の骨格のレプリカ模型を作製している。

 講演では、森先生が解剖学を志した理由や、博物館や標本を身近に感じてもらうための活動(居酒屋博物館、路上博物館など)についても紹介した。

 さらに、本物の骨格標本と、ほぼ完璧に再現できる3D標本の違いや可能性についての話もあった。

 講演の後、参加者は実際に、展示中の3Dプリント標本を触って、その特徴などを確認した。


クリックで拡大

いのちの博物館セミナー6
「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界ー」
日時 2019年9月14日(土) 10:30~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
 JR横浜線矢部駅 徒歩5分
参加者 11人(小学生を含む)
参加費無料

★麻布大学いのちの博物館の施設紹介はこちらへ


 

関連記事

  1. 開催報告:セミナー「めざそう空き家ゼロ」の農山漁村の活動から学ぶ/岐阜県恵那

  2. スポーツと健康の関係、ヘルスプロモーションとは@東洋大学

  3. 青少年の居場所Kiitos(調布市)内閣府「子供と家族・若者応援団表彰」で表彰される

  4. 朗読会「わたしの、ものがたり。―現代女性作家のまなざし―」@神奈川近代文学館

  5. 団体紹介:地球を守れ!荒川で環境保全活動する「足立区本木・水辺の会」

  6. 展覧会:イギリスで描かれた幕末・明治/英国ヴィクトリア朝の絵本@聖徳大学

  7. 美術館で“出会い・つながり”を作るイベント@東京足立

  8. 開催報告:子ども教室-シカ・タヌキの骨に触ったり描いたり@麻布大学いのちの博物館

  9. 森づくりをしながら、人材を育成する トチギ環境未来基地

PAGE TOP