開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

 麻布大学いのちの博物館の企画展示「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界」展の併設セミナー6が、同博物館(神奈川県相模原市)で9月14日に開催された。

 3Dプリンターで作られた本物そっくりの動物の骨、その頭、顎の形などに、実際に触ったり、動かしたりして動物の体について学んだ。
 講師は、国立科学博物館の森健人先生。


2019年9月27日追記

3Dプリントの動物の骨格模型について学ぶ

ハンズオンコーナーで展示中の3Dプリント標本に触れた(写真:麻布大学いのちの博物館)

 講師の森先生は、フォトグラメトリーという技術を3Dプリントに応用し、動物の骨格のレプリカ模型を作製している。

 講演では、森先生が解剖学を志した理由や、博物館や標本を身近に感じてもらうための活動(居酒屋博物館、路上博物館など)についても紹介した。

 さらに、本物の骨格標本と、ほぼ完璧に再現できる3D標本の違いや可能性についての話もあった。

 講演の後、参加者は実際に、展示中の3Dプリント標本を触って、その特徴などを確認した。


クリックで拡大

いのちの博物館セミナー6
「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界ー」
日時 2019年9月14日(土) 10:30~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
 JR横浜線矢部駅 徒歩5分
参加者 11人(小学生を含む)
参加費無料

★麻布大学いのちの博物館の施設紹介はこちらへ


 

関連記事

  1. 耳の聞こえない聾者(ろう者)が音楽を奏でる アート・ドキュメンタリー映画『LISTEN リッスン』

  2. フォトフェスティバル上野

    フォトフェスでアート、教育、観光が一体化@東京上野

  3. 「柳田國男と西洋の学問」

    講演会「柳田國男と西洋の学問」@成城大学

  4. アールブリュット東京コレクション開催情報

  5. 参加者募集:「令和」で話題の万葉集について知る講座@実践女子大学

  6. 漫画ゴールデンカムイ関係者も:アイヌ文化を楽しむ「第8回ウレシパ・フェスタ」@札幌 

  7. 開催報告「スマホとの上手な付き合い方講座」@埼玉県春日部

  8. 森づくりをしながら、人材を育成する トチギ環境未来基地

  9. 開催報告:年齢や立場を越えて「みんなでトーク」するイベント@東京足立区

PAGE TOP