開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

 麻布大学いのちの博物館の企画展示「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界」展の併設セミナー6が、同博物館(神奈川県相模原市)で9月14日に開催された。

 3Dプリンターで作られた本物そっくりの動物の骨、その頭、顎の形などに、実際に触ったり、動かしたりして動物の体について学んだ。
 講師は、国立科学博物館の森健人先生。


2019年9月27日追記

3Dプリントの動物の骨格模型について学ぶ

ハンズオンコーナーで展示中の3Dプリント標本に触れた(写真:麻布大学いのちの博物館)

 講師の森先生は、フォトグラメトリーという技術を3Dプリントに応用し、動物の骨格のレプリカ模型を作製している。

 講演では、森先生が解剖学を志した理由や、博物館や標本を身近に感じてもらうための活動(居酒屋博物館、路上博物館など)についても紹介した。

 さらに、本物の骨格標本と、ほぼ完璧に再現できる3D標本の違いや可能性についての話もあった。

 講演の後、参加者は実際に、展示中の3Dプリント標本を触って、その特徴などを確認した。


クリックで拡大

いのちの博物館セミナー6
「3Dプリントレプリカに触れるーフォトグラメトリーの世界ー」
日時 2019年9月14日(土) 10:30~12:00
会場 麻布大学いのちの博物館
 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
 JR横浜線矢部駅 徒歩5分
参加者 11人(小学生を含む)
参加費無料

★麻布大学いのちの博物館の施設紹介はこちらへ


 

関連記事

  1. 開催報告:区民主体で講座を企画・運営するノウハウを学ぶ@横浜青葉区

  2. フォトレポート:シニア学習学級あすなろ大学展@神奈川県座間市

  3. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  4. 森づくりをしながら、人材を育成する トチギ環境未来基地

  5. 開催報告:みんなあそび~ココロとカラダと未来を育む~@横浜市青葉区

  6. シンポジウム「感性を育む~sportsとcultureを貫くもの~」@大阪国際大学

  7. 団体紹介:忠臣蔵を研究する歴史ある団体「中央義士会」

  8. 参加者募集:傾聴バーテンダー養成講座@神奈川県藤沢

  9. 参加者募集:イベント・生きづらさを抱える子どもの声を聞く、悠々ホルンさん登場@千葉県我孫子

PAGE TOP