参加者募集:講座「氾濫する情報の接し方」@立正大学

 立正大学(東京都品川区)は、平成30年度文学部公開講座として全5回講座『氾濫する情報の接し方』を10月に開催する。

クリックで拡大

 「フェイク(偽)ニュース」という真偽が定かでないニュースがネット空間などに蔓延し、世論に影響を与えていく。

 また、政治家らが不確かな情報に基づく発言をし、マスコミがそれを鵜呑みにして流すケースもある。
 一体どの情報を信じたらいいのだろうか。活字、放送、ネットの実務者や研究者から、よりよい情報の接し方を学んでいく。

第1回 10月3日(水) 
「右傾化の時代における情報の見分け方」
 青木 理 (ジャーナリスト、ノンフィクションライター。著書に『日本会議の正体』『安倍三代』など)

第2回 10月10日(水) 
「情報による“分断”をどう防ぐか~福祉番組の視点から~」
 熊田佳代子
(NHK「ハートネットTV」編集長。立正大学社会福祉学部非常勤講師)

第3回 10月17日(水)
「“情報過多時代”、今何が問われているのか」
 浅岡隆裕
(立正大学文学部社会学科准教授、メディア・コミュニケーション論。著書に『インターネット普及期以降の地域情報化とコミュニケーション変容』『メディア表象の文化社会学』など)

第4回 10月24日(水)
「SmartNewsから見えるインターネットをめぐる課題
 ~フェイクニュース・低品質コンテンツ、フィルターバブルを考える~」
 藤村厚夫
 (スマートニュース株式会社フェロー。株式会社アスキーで月刊誌の編集長などを務める)

第5回 10月31日(水) 
「情報の嘘を見抜くために」
 徳山喜雄
 (立正大学文学部社会学科教授。ジャーナリズム論。元朝日新聞記者。著書に『安倍官邸と新聞』『新聞の嘘を見抜く』など)

時間 18:00~19:30
会場 立正大学品川キャンパス石橋記念講堂
  (東京都品川区大崎4-2-16)
受講料無料、申込制(締め切り9月14日)
対象 16歳以上
定員 300名

詳細はこちらへ

申し込みはこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. エコネットカフェ「衣類の洗濯・クリーニングの安全について考える」@大阪

  2. 東京2020を盛り上げるためにできること「第10回地域フォーラム」@目白大学

  3. 講演会「アメリカ社会は分裂するのか?」@関東学院大学

  4. シンポジウム『メディアで起き始めた#Me Too  声をあげられる社会をつくるために』@東京

  5. 「男は泣くな」はもう古い!男のための“涙活”イベント@三重県

  6. 誰でも参加できる早朝坐禅会@駒沢学園

  7. 有機園芸、女性の生き方についての講演、コンサートなど恵泉女学園大学で地域イベント

  8. シンポジウム「農業分野における女性の活躍について考える」@東京農業大学

  9. 参加者募集:講演「激変するメディア」&音楽学部LIVE@聖徳大学オープン・アカデミー

PAGE TOP