クラウドファンディング:心のバリアをなくす、おたすけマーク缶バッチ作製@東京新宿

 

 障がい者が周囲の人に助けを求めたいとき、お願いしずらいことがある。

 逆に、困っている人を助けたいと思っても、どのように声をかけたらいいのかわからない、助ける勇気がないと思ってしまう人もいる。

 お互いの心のバリアをなくすために作られたのが「おたすけマーク缶バッチ」

 思いついたのは、東京都新宿区の戸塚地区協議会 生活福祉分科会 おたすけマークプロジェクト。
 
 おたすけマーク缶バッチが目指すのは、共生社会の実現。

 同プロジェクトでは、2020年3月31日までに缶バッチ400個を作成し、配布することを目標にしている。
 製作のための資金、10万円をクラウド・ランディングで募集中だ。

募集期間:2019年8月1日~9月30日

★製作は東京都新宿区内の福祉作業所に依頼するため、支援が福祉施設への貢献にもなる。

クラウド・ファンディングの詳細はこちらへ


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 防災災害時食事

    災害時の食の備えを学ぶ/備蓄・非常時の調理法など@昭和女子大学

  2. シリア難民

    シリア難民の現状、支援活動を知るトークイベント@京都

  3. ニュースサイト「知の世界地図」オープンby京都産業大学

  4. 共生社会の実現を目指して!大型人権啓発イベント 「ヒューマンライツ・フェスタ東京2016」開催

  5. アジア共生 

    公開講座「私たちは親しい隣人―アジア共同体の文化的共通性」@東洋学園大学

  6. イスラム女性の美容院を考える子ども向けワークショップ

  7. セミナー「多様化する留学生と日本の国際貢献」@JICAプラザ東北

  8. 信頼関係を築く話の聴き方を学ぶ「傾聴講座」@石巻

  9. 上映会:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画「Journey to be continued」…

PAGE TOP