開催報告:セミナー「めざそう空き家ゼロ」の農山漁村の活動から学ぶ/岐阜県恵那

 (一財)都市農山漁村交流活性化機構は、第4回(通算138回)農山漁村コミュニティビジネスセミナーを10月31日に開催した。

 タイトルは「みんなでやろうまいか、古民家再生~めざそう空き家「ゼロ」の農山漁村~」
 岐阜県恵那市の串原地区の空き家をなくす活動をしている奥矢作移住定住促進協議会の大島光利会長が、活動についてプレゼンした。

クリックで拡大


地道な空き家調査

 大島さんたちは、空き家問題をなんとかするために活動開始。個人情報の壁に阻まれたが、権利者へのアプローチからスタートした。
 親戚など縁者の伝手をたどり、足を運ぶこと 1 年半。やっと空き家の権利者に会い、意向を確認する。地道な空き家調査が、集落再生の希望の光をもたらした!

合意形成のための寄り合いではなく、地域を良くして、楽しむための顔合わせを!

 移住希望者や地域のボランティアなどが、古民家をリフォームして、体験施設も作った。今では移住後に新規就農した若者が農業で活躍するなど、地域を元気にしている。

 大島さんの講演の詳細はこちらへ


奥矢作移住定住促進協議会の活動概要

 同協議会は、全国から田舎暮らしをしたい人を募集し、1泊2日の古民家のリフォームを学ぶ塾を、年間約10回開催している。講師は、地元大工さん。

 移住希望者が購入・賃借した空き屋を、古民家リフォーム塾参加者やボランティアが改修する。
 また、移住前に地域の文化や自然を体験するイベントを開催し、メリット・デメリットを含めた地域を体感する機会を創出している。
 
 移住後には、就農・就労のほか、田舎ぐらしを支援。
 27世帯70人が空き家を利用して移住。就農、林業に就職し、交流人口も約7倍(7,000人)に増加。
 この活動により、空き家率は1~2%に下がった。


クリックで拡大

みんなでやろうまいか、古民家再生
~めざそう空き家「ゼロ」の農山漁村~
日程 2019年10月31日(木) 13:30~16:30
参加費 2000円
会場 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
(一財)都市農山漁村交流活性化機構 会議室
講師 奥矢作移住定住促進協議会会長
   大島 光利(岐阜県恵那市)

 


 

Similar Posts:

関連記事

  1. みつばちの学校&採蜜体験@東京調布

  2. 作品展REPO:あーとすたじお源「ふたりの作家の物語」@横浜

  3. 開催報告:ママに自由な時間を!パパと子で楽しむイベント@東京世田谷

  4. 多様な人が新しい空間を創造するWorkshop@横浜美術館

  5. 障がい者アートを支援 アールブリュット推進協議会、新ソーシャルビジネスを開始@和歌山

  6. 地域づくり団体や自治体関係者が集まる「やまびこフォーラム2016in安曇野」@長野県安曇野市

  7. 都市と農山漁村の活性化事例を募集「オーライ!ニッポン会議」

  8. 高知のIssueを都会に届ける研究所 キックオフミーティング@東京

  9. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

PAGE TOP