公開講座:子どもが育つ環境や幼児教育の可能性についての講演@東京家政学院大学

クリックで拡大

 東京家政学院大学は、NHKなどメディアにも多数出演しているお茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長の宮里暁美先生の講演を行う。

 宮里先生は、「子どもの姿から学ぶ」をキーワードに実態に基づいた保育内容の見直しや子どもが育つ環境についての提案を行っている。

 今回は、子どもが育つ環境や幼児教育の可能性について講演する。

特別公開講座
子どもたちの四季-あそぶ・かんじる・くらす-
講師 宮里 暁美
   お茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長

日時 2019年12月12日(木) 13:00~14:30
会場 東京家政学院大学 町田キャンパス
   東京都町田市相原町2600)大江スミ記念ホール
参加費無料、予約不要

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. ブログ「不登校がなくなる魔法の薬」:「自立させる」は間違っている

  2. 参加者募集:「おはなしワクチン」の筆者、蓑田さんのセミナー@東京

  3. 開催報告:尾木ママ×3keysのトークイベント~すべての子どもたちが安心して暮らすために~@東京

  4. フォトレポ:自然のデンキでイルミネーション「RE100」byえねこや@東京調布

  5. 参加者募集:シンポ「社会的養護が必要な子どもたちを社会で支えるために」@東京

  6. ブログ「おはなしワクチン」:親の心配の先には何がある?

  7. 活動報告:すぷうんおばちゃん、日本保育学会で発表@大妻女子大

  8. 開催報告:円卓会議「支援者が学ぶヤングケアラーの現実」@東京足立

  9. 参加者募集:こどもコミュニケーションフォーラム「子育てにもう遅いはありません」@江戸川大学

PAGE TOP