公開講座:子どもが育つ環境や幼児教育の可能性についての講演@東京家政学院大学

クリックで拡大

 東京家政学院大学は、NHKなどメディアにも多数出演しているお茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長の宮里暁美先生の講演を行う。

 宮里先生は、「子どもの姿から学ぶ」をキーワードに実態に基づいた保育内容の見直しや子どもが育つ環境についての提案を行っている。

 今回は、子どもが育つ環境や幼児教育の可能性について講演する。

特別公開講座
子どもたちの四季-あそぶ・かんじる・くらす-
講師 宮里 暁美
   お茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長

日時 2019年12月12日(木) 13:00~14:30
会場 東京家政学院大学 町田キャンパス
   東京都町田市相原町2600)大江スミ記念ホール
参加費無料、予約不要

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 参加者募集:シンポ「インターネット利用に係る性被害から子供を守るために」@東京

  2. ブログ:おはなしワクチン「不登校がなくなる魔法の薬」一所懸命、生きる

  3. 子ども貧困

    ディスカッション「バングラデシュと日本の子どもの貧困を考える」

  4. おうち時間を楽しめるコンテンツを配信by京都橘大学

  5. 夏休み企画・小中学生向けオンラインイベント『みんなの街をきれいにしよう』byいなちち

  6. あだち子ども未来応援円卓会議@東京都足立区

  7. 全国外大連合の学生が、平昌オリンピックにボランティアとして参加

  8. 子ども達の現状と寄り添う活動について考える「こども“ど真ん中”フォーラム」@東京都足立区

  9. 支援者募集:経済的な困難を抱えた子どもたちに数学の教材と文房具を@東京調布

PAGE TOP