公開講座:子どもが育つ環境や幼児教育の可能性についての講演@東京家政学院大学

クリックで拡大

 東京家政学院大学は、NHKなどメディアにも多数出演しているお茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長の宮里暁美先生の講演を行う。

 宮里先生は、「子どもの姿から学ぶ」をキーワードに実態に基づいた保育内容の見直しや子どもが育つ環境についての提案を行っている。

 今回は、子どもが育つ環境や幼児教育の可能性について講演する。

特別公開講座
子どもたちの四季-あそぶ・かんじる・くらす-
講師 宮里 暁美
   お茶の水女子大学教授、文京区立お茶の水女子大学こども園園長

日時 2019年12月12日(木) 13:00~14:30
会場 東京家政学院大学 町田キャンパス
   東京都町田市相原町2600)大江スミ記念ホール
参加費無料、予約不要

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 参加者募集:研修「学び方改革&安心して学び育てる環境づくり」@福島

  2. 地域課題講座「地域の子どもたちに目を向けてみませんか」@横浜

  3. 復興の祈りがノートになった「こくばん七夕ノート」

  4. TOPIC:トチギ環境未来基地、第8回毎日地球未来賞の奨励賞を受賞

  5. 参加者募集:コロナ後の社会を考えるオンラインシンポジウム、昭和女子大

  6. 子ども貧困

    ディスカッション「バングラデシュと日本の子どもの貧困を考える」

  7. 参加者募集:子どものあそびサポーター養成講座@横浜市青葉区

  8. 明治から子どもの衣・食・遊を振り返る展覧会@東京家政大学博物館

  9. 高校生の「地元再発見コンテスト」最優秀賞発表@千葉商科大学

PAGE TOP