イベント情報:多文化社会におけるアートのチカラ@東京藝術大学

 IMMレクチャー・シリーズ「多文化社会におけるアートのチカラ」第4回、トーク・セッション「写真家・名越啓介と保見団地に住む南米の人々」が、12月14日に東京藝術大学で開催される。

クリックで拡大

 名越カメラマンは、南米にルーツを持つ人々が多く暮らす愛知県豊田市「保見団地」(ほみだんち)に3年間住みこみ、彼らとのふれあいを記録した。

 トーク・セッションでは、名越カメラマンと、東京藝術大学特別招聘教授の長島確氏が、外国人集住団地で目の当たりにした風景や営みについて話し合う。

IMM:イミグレーション・ミュージアム・東京

IMMレクチャー・シリーズ第4回
トーク・セッション
「写真家・名越啓介と保見団地に住む南米の人々」
日時 2019年12月14日(土) 13:00ー15:00
会場 東京藝術大学 千住キャンパス
   東京都足立区千住1-25-1
   北千住駅西口より徒歩約5分
入場無料
事前申し込み不要

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 参加者募集:多文化社会のために働く若者の話を聞く「多文化カフェ」@東京

  2. 参加者募集:オンライン講座「多文化社会へのまなざし」

  3. 英国人講師に学ぶ多文化・多言語ワークショップ@朝日大学

  4. シンポ「グローバル社会の正義と文化多様性 捕鯨問題を事例として」@一橋大学

  5. 本棚にある古本で弱者を支援しよう:難民支援協会

  6. 参加者募集:2020年までに達成したい!ダイバーシティー・人権の課題を語ろう@東京

  7. 外国ルーツの青少年

    外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会@岐阜県可児

  8. 書籍紹介:演劇ワークショップでつながる子ども達–多文化・多言語社会に生きる

  9. 上映会:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画「Journey to be continued」…

PAGE TOP