イベント情報:多文化社会におけるアートのチカラ@東京藝術大学

 IMMレクチャー・シリーズ「多文化社会におけるアートのチカラ」第4回、トーク・セッション「写真家・名越啓介と保見団地に住む南米の人々」が、12月14日に東京藝術大学で開催される。

クリックで拡大

 名越カメラマンは、南米にルーツを持つ人々が多く暮らす愛知県豊田市「保見団地」(ほみだんち)に3年間住みこみ、彼らとのふれあいを記録した。

 トーク・セッションでは、名越カメラマンと、東京藝術大学特別招聘教授の長島確氏が、外国人集住団地で目の当たりにした風景や営みについて話し合う。

IMM:イミグレーション・ミュージアム・東京

IMMレクチャー・シリーズ第4回
トーク・セッション
「写真家・名越啓介と保見団地に住む南米の人々」
日時 2019年12月14日(土) 13:00ー15:00
会場 東京藝術大学 千住キャンパス
   東京都足立区千住1-25-1
   北千住駅西口より徒歩約5分
入場無料
事前申し込み不要

詳細はこちらへ


 

Similar Posts:

関連記事

  1. カンボジアから来た元難民女性の講演@東京外国語大学

  2. 参加者募集:講座「外国につながりを持つ子どもの居場所づくりと教育を共に考える」@横浜

  3. 音楽・映像・語りで伝える「地球のステージ」パラグアイ特別編@JICA横浜

  4. 難民問題

    世界難民の日・芥川賞作家・小野正嗣トークショー@東京

  5. 「体験型難民ワークショップ」@青山学院大学(東京)

  6. シンポジウム:“マイノリティの子ども”について考える@文京学院大学

  7. 参加者募集 シンポ:多文化共生社会の実現に向けた市民性教育と日本語教育について@新潟

  8. 参加者募集:「ロヒンギャ難民」緊急連続シンポジウム@聖心女子大

  9. 留学生・学生が企画した国際交流フェスタ「Asia Week」@立命館大学

PAGE TOP