開催報告:みんなあそび~ココロとカラダと未来を育む~@横浜市青葉区

 2019年7月~11月の土曜日に、全5回で、イベント「みんなあそび~ココロとカラダと未来を育む~」が神奈川県横浜市青葉区で開催された。

 主催:みんなであそび隊運営委員会
 共催・協力団体:青葉区役所

開催報告が届きました。↓↓↓


遊びを通して、地域の親子が交流する

内容
第1回《あそびの大切さを知ろう!》

 NPO法人日本わらべうた協会の田村理事長の講義。

 お話しの合間に歌や手遊びが入り、子どもも飽きることがありませんでした。お手玉や竹を使った遊びに親も夢中になり、その様子をお子さんも嬉しそうに見ていました。

第2回《ダンボールでヒミツ基地を作ろう!》

 全員で2つのチームに分かれてダンボールを使ったヒミツ基地を作りました。 

<テーマ>
Aチーム サンタさんがくるおうち
Bチーム 幸せになれるわくわくアドベンチャー

 最後はそれぞれの作ったヒミツ基地を訪問し合いました。

第3回《公開講座・おもしろ紙ヒコーキ大会》

 横浜市立さつきが丘小学校の体育館で行いました。
A4コピー用紙から紙ヒコーキを折り、飛び方を楽しみました。

 大人も子ども一緒になって飛ヒコーキを飛ばして競技会が盛り上がりました。優勝の人には表彰状を渡しました。

第4回《プレイパークであそぼう!》

 しらとり台公園プレイパークを見学に行きました。
 ハンモックや木のブランコ、モンキーブリッジなどの体を使う遊びや、竹を使った工作、コマ、ベーゴマ、折り紙では近所のお年寄りと一緒に遊びました。プレイパークを知ってもらうことや参加者同士の交流が深まるきっかけとなりました。

第5回《 Let’s! みんなあそび!!》

 各回の写真を貼り、子どもが印象に残っている写真にシールを貼ってもらいながら講座全体を振り返りました。

 次に全員で「スリッパ卓球」を実施し、最初はボール1個から始め人数分まで数を増やしました。
 その後、用意した素材を使って自分の発想で工夫したあそびを考え、仲間を増やしながら皆であそびました。

参加者の感想
・企画が毎回よく考えられていて2時間いつも大満足でした!

・普段テレビやゲームに向きがちですが、身近にあるもので真剣に楽しくあそぶことの大切さと充実感に改めて気づくことができました。

・様々な年齢の方々と過ごせてよかったです。

主催者よりメッセージ
 参加者集めに苦労した。
 遊びを通じた活動を定着させたい。


みんなあそび~ココロとカラダと未来を育む~
日時 2019年7月27日、8月24日、9月21日、10月26日、11月9日
  (土曜日・全5回)10:00~12:00
会場 青葉公会堂、青葉区役所、横浜市立さつきが丘小学校、しらとり台公園プレイパーク
   (神奈川県横浜市青葉区)
参加費 連続講座-親子1組500円
    公開講座-親子1組100円
参加者
 連続講座-親子6組(大人6人、小学生6人、幼稚園児4人)
 公開講座-親子6組(大人6人、小学生9人、幼稚園児2人)

みんなであそび隊のfacebook


 

関連記事

  1. 参加者募集中:子育て・仕事・趣味も楽しみたいママのイベント

  2. 食育走り方

    親子で食育&かけっこ教室@いわき市

  3. 開催報告:年齢や立場を越えて「みんなでトーク」するイベント@東京足立区

  4. 活動報告&フォト「藤娘祭」に出展!@静岡県藤枝市

  5. 開催報告:強みを見つけて地域活動へ「あなたの魅力再発見プロジェクト」講座@横浜市青葉区

  6. セミナーレポート:小水力発電等のインフラで稼ぐ地域再生(和歌山県有田川町)

  7. 参加者募集:こどもコミュニケーションフォーラム「子育てにもう遅いはありません」@江戸川大学

  8. 絵本&演劇ワークショップで多様性を考える@東京

  9. 開催報告:遠藤周作を読む~人間の弱さ・哀しさとは~@東京足立

PAGE TOP