開催報告:明智光秀について学ぶ講座@東京足立

 講座「常識が覆る?『明智光秀』の正体」が、2020年1月~2月に全3回で、梅田地域学習センター(東京都足立区)で開催された。

 定員を大きく上回る108名が応募したため、抽選となった。出席者は第1回58名、第2回48名、第3回53名、延べ159名と、多くの受講生を集めて行われた。

 講座の開催報告が公式HPに更新されている。

開催報告はこちらへ

 2020年のNHK大河ドラマは、明智光秀の「麒麟がくる」ということで、注目されている武将光秀。
 謎の多い生涯について、歴史研究家の跡部蛮氏が開設した。

共催:NPO法人あだち学習支援ボランティア「楽学の会」、足立区・足立区教育委員会

クリックで拡大


区民が学ぶ・教える・創る 令和元年度 あだち区民大学塾
講座「常識が覆る?『明智光秀』の正体」
1月19日(日) 本当に「美濃出身」か?
        謎多き光秀の前半生
1月26日(日)足利義昭・織田信長との関係を中心に
2月2日(日)光秀の末子から読み解く「本能寺の変」の謎とその後

毎回 日曜日 午後2~4時
会場 梅田地域学習センター(エル・ソフィア内)3階 第1学習室
   東京都足立区梅田7-33-1
受講料 1500円 (全3回分)
定員 30人


 

関連記事

  1. 開催報告「スマホとの上手な付き合い方講座」@埼玉県春日部

  2. 横浜美術大学の学生が老人ホームで作品展を開催

  3. 開催レポ:セミナー「安心して暮らすための介護医療連携と街づくり」@埼玉県立大学

  4. 参加者募集:「食を通じた支援」事例報告会@東京新橋

  5. クラシック音楽をオンラインで楽しむ

  6. 福井県立図書館で「シニアいきいきセミナー」

  7. 写真レポ:読み聞かせフェスティバル@東京府中

  8. 大学の地域活動:高齢者住宅で看護学部お助け隊by京都橘大学

  9. フォトレポート:シニア学習学級あすなろ大学展@神奈川県座間市

PAGE TOP